PAGES

GUIDE

DATA

情報デザイン研究 II

情報デザイン専攻 3年後期|デジタルラボ502

科目概要

本授業では様々な「問題」に対し、プロジェクトを立ち上げてその解決にあたります。文字、ピクトグラム、インフォグラフィック、CG、映像、Webコンテンツ、様々な情報メディアを適材・適所に使いながら、「情報デザイン」という立場で地域や社会に貢献する取り組みを実践します。プロジェクトの推進には、CMS(Contents Management System)を活用し、プロジェクトの遂行課程を総合的に評価・管理します。


2020.01.08

  • 成果プレゼンテーション 第2回
  • 持ち時間:1人10分(発表:5分,質疑・交代:5分)です。

2019.12.18

  • 成果プレゼンテーション 第1回
  • 持ち時間:1人10分(発表:5分,質疑・交代:5分)です。

2019.12.11

  • 次週からの成果プレゼンに向けて、発表情報を整理して下さい。
  • プレゼン用の記事の書き方は4年生の卒研のページを参考にして下さい。
  • 生命科学部Webプロジェクトの方へ
    11:00より、6F 17601実習室にてWikiの編集に関する説明会を行います。
    生命科学部の教職員・学生 10名程度が参加予定です。
    プロジェクトのページ。

2019.12.04

  • お詫び
    緊急の会議のため、9:40 - 11:00 の間退席します。
    申し訳けございません。

2019.11.27

  • 補足講義
    • 汎用データ形式 csv, JSON,・・・
    • Node Package Manager について > Node.js/npm
    • フレームワークを使った事例 > Node.js/Framework

  • Nodeパッケージ(Webアプリケーション)の使い方
    ネット上のサンプルは以下の手順で簡単に試せます。
    とりあえず、これを知っているだけでも世界は広がります。
    • ターミナルを開く(デフォルトはユーザーホーム)
    • パッケージをダウンロードして展開 > そこに入る(cd コマンド)
      package.json が見えればOK
    • パッケージのインストール(以下で必要なライブラリが入ります)
      $ npm install
    • パッケージの起動
      $ npm start
    • ブラウザでアクセス(今回の事例ではポート8000)
      http://localhost:8000/
    • ローカルエリア内であれば、起動しているパソコンのIPアドレスを調べて
      そこに以下のようにアクセスすれば、他のマシンから閲覧できます。
      http://192.168.100.100:8000



2019.11.20

  • 補足講義
    実習室に Node の環境が確認できた場合は、以下の説明を再開します。


2019.11.13

2019.11.06

  • 中間報告続き(生命科学部プロジェクト他)。
    持ち時間:1人10分(発表:5分,質疑・交代:5分)

2019.10.30

  • 中間報告(各自、以下のとおり現状の報告をお願いします)。
    持ち時間:1人10分(発表:5分,質疑・交代:5分)


2019.10.23


2019.10.16

補足講義

2019.10.09

補足講義

  • ターミナルの利用について > Terminal
    とりあえず、以下のコマンドは覚えましょう。
    • ls : list segments の略。 ファイルやディレクトリの情報を表示。
      $ ls -a (Finder では表示されない「隠しファイル」も表示されます。)
      $ ls -al > list.txt(リスト表示の内容を list.txt というファイルとして出力)
      ※ [ > ] はリダイレクト記号。画面出力をファイルへ送る場合などに利用 
    • cd:change directory。カレントディレクトリを移動します。
      $ cd /(HDデバイスのルート直下へ移動)
      $ cd /Users/bauhaus/Desktop/(デスクトップフォルダへ移動)
      $ cd .. (ひとつ上のディレクトリに上がる)
    • cat:concatenate and print files。ファイルの内容を表示
      $ cat index.html(index.html の内容を表示)
      $ cat fileA.txt fileB.txt > fileC.txt (AとBを結合してCを生成)
    • logout / exit(ターミナルの終了)
      $ logout
  • 能率的なターミナルの開き方
    ターミナル起動後に cd コマンドで目的のフォルダ(ディレクトリ)に移動するのは手間が要ります。以下の方法を覚えると楽です。
    ターミナルのアイコンに目的のフォルダを Drag & Drop。以上。

生命科学部Webプロジェクトの方へ

  • 進行管理は、リーダー指揮のもと、メンバーの話し合いで決めていただいて構いませんが、前回から2週間経過していますので、少なくとも以下のような情報の提示は必要かと思います。提案内容は「個人ページ内に掲載」でお願いします。先方もWebで見ていますので、印刷出力等は不要です。
    • 古賀さん:サイトマップ案(可能であればワイヤーフレーム案も)
    • 加藤さん:イラストのサンプルを数点準備(雰囲気の確認用)
      以前描いたもののコレクションで構いません。
    • 松浦くん:ロゴのラフ案を数点準備
      マークとロゴの組み合わせ方も含めて、ざっくりで構いません。


2019.10.02

補足講義

  • ローカルホスト Macデフォルト, XAMPP, MAMP について > WebServer
  • サーバーの構成(代表的なソフトウエア)
    • SSHサーバー(sshd)|openSSH  サーバーの遠隔操作に必要
    • Webサーバー(httpd)|Apache
    • PHP
    • FTPサーバー(fttpd)|vsftp
    • DBサーバー|MySQL, MariaDB
    • Mailサーバー|Postfix
    • DNSサーバー|bind
  • ネットワークとTCP/IPについて > Network


2019.09.25

  • 補足講義:GitHubの活用について
    • GitHubとは > GitHub
      OSSの開発プラットフォームで、Facebook, TensorFlow, Firefox, Atom といった著名なものから、個人の開発したアプリやWebページまで、多くのソフトウエアのソースコードをホスティングしています。
      https://github.com/search?q=Firefox
    • GitHub を利用したWebサイトの公開 > GitHubPages
    • Git とは、分散型バージョン管理システム > Git
  • 生命科学部 公式サイトプロジェクトの方(10:45には移動を開始します)
    11:00 に8号館 生命科学部 満生研究室にてキックオフ会議です。
    現状分析・聞き取り調査を行いますので、プロジェクトのページに質問事項等をまとめておいてください。井上(貢)も同行します。
    暫定URL:http://vision.ip.kyusan-u.ac.jp/lifescience/

2019.09.18

  • ガイダンス
  • 情報デザイン専攻・学びのキーワードについて
  • 依頼事項>研究テーマについて
    本学生命科学部より、学部公式サイトの開発の依頼を受けています
    使用するのは PukiWiki で、以下のような事項が依頼されています。
    複数人での共同プロジェクトが前提となりますが、いかがでしょうか?
    • サイトのスキンデザイン > PukiWiki CSSのカスタマイズ
    • 学部+3コースのロゴマークデザイン > VI デザイン
    • 学部を紹介する記事の執筆 > エディトリアルデザイン
      ただし、教員個人ページは各先生方自身で編集予定
    • 記事のページで活用できる イラスト > イラストレーションデザイン
    • 学部の教職員の方を対象とした更新講習 > プレゼンテーション





研究室:133.17.47.56



添付ファイル: filesample.png 14件 [詳細]
Last-modified: 2019-12-17 (火) 19:54:51