LogoMark.png

講演/20170701

Idea Workshop

九州産業大学付属九州高等学校2年生 対象
10:00 - 11:40



アイデアを生み出す「編集」の方法




ソーシャルデザイン学科 教授
井上 貢一






CONTENTS




はじめに  5


今回の模擬授業の目的  2

なぜ今回、芸術学部・ソーシャルデザイン学科なのか  3

アイデアを生み出す「編集」  15

新しいアイデアは既存のモノ・コトの「編集」を契機に生まれます。

逆転する  3

組み合わせる  7




異なる文脈(環境)に置く(見立てる)  5

10:20



IDEA WORKSHOP  10

常識から自由になること  2

私たちの思考回路には「常識」のバイアス(情報量が小さくなるようにまとめようとする傾向)がかかっているので、例えば、「ひらがな を ◯◯◯ 」という文における ◯◯◯ の部分には、「ひらがな を 書く」、「ひらがな を 覚える」、「ひらがな を 漢字に変換する」のような、常識的につながる言葉しか思い浮かばないようになっています。

ということは、意識的にこれを排除して、ありえない言葉を接続する、たとえば、「ひらがな を 洗う」のような異質な接続をすれば、今までにない発想が生まれる・・ということになります。

ひらがな| で…|に…|を…|は …|が…|も…|へ…|

Stay hungry, stay foolish  Steve Jobs ( 1955 - 2011) at Stanford University



ワークシートの使い方  2

idea_worksheet.png

編集|タイプA 名詞と動詞  2

編集|タイプB 名詞と名詞  2

参考:過去のWorkshopより  2


10:30



WORK  50

ラフ案  10

10:40 ここで休憩 5分

仮提案  05

アイデア鑑賞  10

1ブロック21人でシートを回覧します(句会方式:無記名です)。
面白い! と感じたら、IDEAWORKSHEET の下の◯にチェックして下さい。

◯→◯→◯
    ↓
◯←◯←◯       各ブロック 3人 x 7列 = 21人 です。
↓
◯→◯→◯       1件につき15秒で鑑賞して下さい。
     ↓
◯←◯←◯       面白い! と思ったら、シート下の◯にチェック
↓
◯→◯→◯       
    ↓
◯←◯←◯
↓
◯→◯→◯ → 先頭へ(在学生が対応)


11:00


アイデア発表  20分

各ブロックから1名、最も多くのチェックをもらった方に、
アイデアの発表をお願いします。

WebCAM?


11:20


原理概説  10

情報量 - log 2 p

情報量と感じ方

11:30



価値は所与のものではない  10


存在は「言葉」によって喚起される

価値を生み出すのは「関係」である

註:所与のものではない → はじめから備わっているものではないという意味です。



11:40






PAGES

GUIDE

DATA

添付ファイル: fileQR.png 43件 [詳細]
Last-modified: 2019-07-05 (金) 20:51:29