LogoMark.png

講演/HTML5の世界/20141022

HTML5の世界

八幡中央高校模擬講義|2014.10.22

はじめに


HTMLとは

HTML(HyperText Markup Language)とは、ウェブ文書を記述するためのマークアップ言語で、文章や画像はもちろん、リスト表記や表組み、他のドキュメントへのハイパーリンクも設定できます。HTMLファイルは、ごく普通のテキストファイル(文字が並んだだけのもの)なので、テキストエディタ(メモ帳のようなもの)で書いて、保存するだけで完成します。
 ひとつのHTMLファイル、すなわちひとつのWebページは、おおよそ以下のような構造のソースコードで記述されています。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">

    <head>
       <meta charset="UTF-8">
       <title>Sample Page</title>
    </head>

    <body>
        <h1>HOME PAGE</h1>
        <p>
                この部分が本文記事になります。適当に書き換えて下さい。
         </p>   
    </body>

</html>

ページ全体は<html>に始まって、</html>で終ります。

<head> ~ </head>

の間はページタイトルなどのヘッダー情報が入り、

<body> ~ </body>

の間に、ページの本体情報が入ります。

このように、ページ内の情報要素は、<>で囲まれた「開始タグ」と「終了タグ」に挟まれるかたちで記述されることになっています。 開始・終了タグは、それぞれ <要素名>, </要素名> のように表現されますが、必要に応じて要素に属性を付加的に記述することができます。

実際に書いてみよう

編集してみよう

リンクを作ってみよう

以下のように書くと、他のページや外部サイトへのリンクができます。

<a href="http://xxx.xxx.xxxx">ここをクリック!</a>


GoogleMapその他を掲載してみよう


HTML5にできること

HTML5では、グラフィック、サウンド、通信、ファイル、位置情報、デバイスコントロールなど、様々なAPI(Application Programming Interface)が使えるようになりました。今までは、個々のマシンごとに用意しなければならなかたアプリケーションも、HTML5を使えば「ブラウザ」という共通の基盤の上で動くものとなります。PC、タブレット、スマートフォンはもちろん、家電製品の操作パネル、屋外のデジタルサイネージなど、様々な場面でHTML5の技術が生かされる時代になりつつあります。

Webデザインに必要なソフトウエア(¥0)






PAGES

GUIDE

DATA

Last-modified: 2019-07-05 (金) 20:51:29