LogoMark.png

Browser/Video

WebBrowser & Video

映像視聴環境としてのWebブラウザの可能性

はじめに

近年、Webサイトにおける動画の活用がますます盛んになっている。記事と連動した紹介動画の埋め込みはもちろん、ページヘッダーや背景にも動画を活用したものが多くなった。例えば、WordPressの最新のテーマであるTwenty seventeen では、8MB以下のMP4ファイル、あるいはYouTube動画のURLを用いて、ヘッダー動画を置く仕様になっている。

動画を提供するサービスの拡充、通信速度、PCの処理速度、ブラウザの性能向上、また、HTML5のvideo要素や動画フォーマットの技術仕様の統一により、Webブラウザは、映像を視聴する場としての存在感を拡大している。

本発表では、こうした技術の現状と動向についての報告を行うとともに、ブラウザ上での動画活用を目的に筆者が開発したシステムを紹介し、Webブラウザの今後の可能性を探りたい。

井上 貢一 |九州産業大学芸術学部 ソーシャルデザイン学科



CONTENTS




Webブラウザによる動画の再生

動画の再生に特別なソフトウエアは必要ない。Webブラウザさえあれば、
動画ファイルをドラッグ&ドロップするだけでプレイヤーとして機能する。

HTML5 video要素による動画の再生

動画共有サービスを利用した動画の再生

WebRTCによるWebカメラ映像の再生

MovieSquare 2017


開発の目的

システムの活用事例

システムの開発方法

特徴

映像教育とWeb

Small is Beautiful


科学・技術の方法や道具とは、
安くてほとんどだれでも手に入れられ、
小さな規模で応用でき、
人間の創造力を発揮させる
ようなものでなくてはならない。
E.F.Schumacher | 1973






ご清聴ありがとうございました。








ソースコード

PAGES

GUIDE

DATA

添付ファイル: filemulti1.png 79件 [詳細] filetable.png 78件 [詳細]
Last-modified: 2020-02-02 (日) 18:10:54