LogoMark.png

Node.js

Node.js

https://nodejs.org/ja/

Node.js は 2009年にリリースされた、サーバーサイド JavaScript アプリケーションのプラットフォームです。Web開発をサポートする多くのツールが Node.js で実装されてきたことから、今日ではフロントエンド開発にも Node.js を使うことが多くなりました。クライアント・サーバーともにプログラムを JavaScript で組めるということから、JavaScript の需要の高まりにも影響しています。
 .js と表記することから JSライブラリのひとつ・・のような印象を与えますが、「JavaScript 環境」というまったくの別物です。
 

CONTENTS


概要

これは何?

Node.js は、端的に言うと JavaScript の環境です。一般にJavaScript は、ブラウザがそれを解釈して実行するものでしたが、Node.js という環境があれば、クライアントマシンやサーバーマシンに限らず、様々なプログラムを動かすことが可能になります。
 サーバーサイドの JavaScript という説明もできますが、Apacheサーバーの存在を前提に動く PHP とは様子が異なります。Node.js の環境があれば、例えば、ローカルPCの任意のディレクトリをパッケージの置き場として、そこに JavaScript で書いたサーバープログラムを設置して、Webアプリケーションの開発をすることができます。
 JavaScript のプログラマにとっては画期的なアイデアであり、現に多くのWebアプリケーションが Node.js の存在を前提に制作されています。


Node.jsの特徴

インストール

Mac へのインストール

有名な存在となり、インストールも簡単にできるようになりました。

MEMO|運用サーバー CentOSへのインストール

完全に個人的なメモです。

使ってみる

前提|Terminal を使う

Node.js は、Terminal から CUI インターフェイスで作業します。 それ何?という方は、まずは Terminal のページをご確認下さい。

Node.js には、Pythonと同様に2つの利用方法があります。

以下、それぞれ概説します。

インタラクティブな環境で試す

はじめに、対話的に使う方法から紹介します(Terminal の利用です)。

.js ファイルを作って動かす

カレントディレクトリに sample.js というファイルを作成します。

付記:私はどこ?
Terminal で作業していると、今どこ?がわからなくなることがあります。
以下、カレントディレクトリの確認方法です。

$ pwd
/Users/XXXX

これは、Usersディレクトリの中の XXXX という場所がカレントディレクトリであることを意味します。普通にターミナルを起動した状態であれば、XXXX の部分はおそらく、あなたのログイン名になっているかと思います。これはFinder(GUI) で見ると、あなたの ホームディレクトリを意味していて、おそらく他にドキュメントやダウンロード、ピクチャ、ミュージックといったフォルダが見えると思います。
 pwd の返答が /Users/XXXX/Desktop/NodeSample という場合は、デスクトップ上の NodeSample というフォルダがカレントディレクトリです。




APPENDIX

関連ページ




旧記事:Node.js のインストール|Mac

記事のアーカイブです。時代が進んで話が簡単になったので、以下は読まない方がいいです。

Node.js をインストールするには、パッケージ管理ツールの nodebrew が必要で、そのためには、Homebrew のインストールが必要です。
以下、順にインストールします。

Homebrew のインストール

Homebrew は、macOS用のパッケージマネージャですが、標準では入っていませんので、まずはこれをインストールします。

nodebrew のインストール

node.js のインストール



PAGES

GUIDE

DATA

Last-modified: 2019-11-20 (水) 10:08:05