LogoMark.png

Node.js/Framework

Node.js|Framework


Express でWebサーバー

https://expressjs.com/ja/
npm には様々なパッケージが存在しますが、Expressは 定番Webフレームワークです。以下、静的サイトを表示するWebサーバーの事例です。ターミナルからお試し下さい。

準備

プロジェクトの初期化 > package.json の生成

$ npm init

package name: (webserver)
version: (1.0.0)
description:
entry point: (index.js)
test command:
git repository:
keywords:
author:
license: (ISC)
About to write to /webserver/package.json:

{
  "name": "webserver",
  "version": "1.0.0",
  "description": "",
  "main": "index.js",
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "author": "koichi inoue",
  "license": "ISC"
}

Is this ok? (yes) yes

以上で、カレントディレクトリに package.json が生成されます。

Expressのインストール

$ npm install express

このコマンドで、カレントディレクトリに node_modules フォルダができて、関連のファイルが入ります。

server.js を書いてカレントに保存

静的なファイルをホスティングするコードは以下のとおり、簡単です。

const express = require("express");
const app = express();
const port=8000;
app.use(express.static('./'));
app.listen(port, ()=> {
  console.log('Server running on port:'+port);
});


サンプルページの投入

カレントディレクトリに適当な index.html を投入して下さい。

起動と動作確認




Express でWebサーバー|Files

前節の説明内容に沿って作成したパッケージを以下に置いています。Node.js と npm がインストール済みの環境であれば、以下の手順でお試しいただけます。

https://github.com/koichi-inoue/NodeJS_WebServer




PAGES

GUIDE

DATA

Last-modified: 2019-11-26 (火) 20:12:30