LogoMark.png

Node.js/npm

Node.js|npm

Node Package Manager

概要

これは何?

npm(Node Package Manager) とは、Node.js の モジュールのインストールを管理するソフトウエアで、Node.js をインストールする際に同時にインストールされます。

Node.js では、その機能の拡張する様々なプログラムがパッケージとして配布されていますが、多くのパッケージをその都度開発プロジェクトに束ねるのは効率的ではありません。そこで「何が必要か」という情報を、package.json という名称の JSON形式のファイルに記述しておいて、必要なときにコマンド一つで簡単にインストールして利用できるようにする・・というのが npm の役割です。

配布パッケージの利用方法

GitHub等で配布されている Node のサンプルパッケージは、一般に以下の手順で試すことができます(あなたの環境に、Node.js および パッケージマネージャーの npm がインストール済みであることが前提です)。

npmを利用したWebアプリの開発手順

前提

プロジェクト専用ディレクトリの準備

プロジェクトの初期化 > package.json の生成

パッケージの追加

以上、Node.js によるアプリ開発では、ここに自身で開発したファイルが追加されていきます。実際に ejs を用いた事例を、Node.js/TemplateEngine で紹介していますので、続きはそちらをご覧下さい。

パッケージの配布・ダウンロード

プロジェクトディレクトリそのものが、アプリケーションの全体となりますが、package.json があれば、node_modulesディレクトリは抜きにして、配布することができます。利用者は、配布されたものをダウンロード後に、以下のように install コマンドで必要なモジュールを再構成することができます。

$ npm install

これで、package.json に書かれた情報に従って、必要なものがインストールされます。非常に能率的ですね。
以下、サンプルの配布事例です。ダウンロードしてお試しください。
https://github.com/koichi-inoue/NodeJS_WebServer


npmコマンド

パッケージの初期化

プロジェクトルート に package.json が作成されます。

$ npm init


パッケージのインストール

パッケージのアップデート

パッケージのアンインストール

パッケージの復元

プロジェクトルートにパッケージ情報が記載された package.json を置いて、以下のコマンドを実行します。

$ npm install


パッケージの起動

パッケージアプリケーションを起動します。

$ npm start

プロンプトが使えなくなった場合、通常は [CTRL]+[C]で停止できます。





PAGES

GUIDE

DATA

Last-modified: 2019-11-27 (水) 14:26:24