LogoMark.png

TheCathedralAndTheBazaar

伽藍とバザール

The Cathedral and the Bazaar

「伽藍とバザール」は、エリック・レイモンドによるオープンソースソフトウェアの開発方式に関するエッセイで登場した言葉です。そこで強調されるのは「バザール方式」。バザール(市場)には、全体をとりまとめる責任者がいないにもかかわらず、それなりの秩序を保ったコミュニティが成立しています。これは、生物でも同じ。統括細胞がいないにもかかわらず(脳は統括はしていません、調整情報を発行する単なるサーバーです)、個々の細胞が協調して全体がうまく動くのです。自律分散協調系・動的平衡系です。



伽藍方式とバザール方式

伽藍方式

バザール方式

バザール方式の19の教訓

以下、WikiPedia:伽藍とバザールから引用


参考





PAGES

GUIDE

DATA

Last-modified: 2019-07-05 (金) 20:51:21