LogoMark.png

WordPress/RentalServer

WordPress|RentalServer

レンタルサーバー上で WordPress サイトを構築するには・・

WordPress はPHPで動くWebアプリケーションです。また記事はMySQLというデータベース管理ソフトによってサーバーに蓄積されるので、レンタルサーバーを探す際は、以下の条件を満たすものを検討する必要があります。

以下のように検索すると見つかります。
Google:WordPress レンタルサーバー フリー

開設事例

事前準備

管理情報MEMOの準備

メールアカウントの確認

レンタルサーバーのアカウント取得

ページを独立させました > RentalServer

ご注意

自動インストール

最近のレンタルサーバーではWordPress の自動インストールサービスをもつものが多くなりました。管理画面から「WordPressのインストール」のようなボタンを見つけてクリックするだけで、WordPress のパッケージが自動的にインストールされて、すぐに使える状態になります。

自動インストールされたWPの動作確認

FTP接続

自動インストールとは言え、サイトをカスタマイズするには、レンタルサーバーに FTP接続を行って、ファイルのアップロードやダウンロードをする必要が生じます。レンタルサーバーの管理画面には、必ずFTP接続に関する情報がありますので(場合によってはFTP接続情報はメールで届きますので)、それを確認して、実際に、FileZilla 等のFTPクライアントで接続を試みて下さい。実際の構成ファイルがどこにあるのか確認することが必要です。

テーマフォルダの場所を確認

追加でテーマをインストールする場合や、テーマをカスタマイズする際は、サーバーにFTPアクセスして、wordpress フォルダの中にある wp-content/themes/ に直接ファイルをアップするなどの操作が必要になります。
 自動インストールの場合、ドキュメントルート直下に wp-content フォルダが見える場合もあります。必ず確認しておくようにしましょう。




手動インストール

最近のレンタルサーバーではWordPress の自動インストールサービスをもつものが多くなりました。管理画面から「WordPressのインストール」ができる場合は、それを指定するだけで準備されるので、手動でインストールする必要はなくなりました。

以下は、手動でセットアップする場合の一般的な手順です。

データベースの準備

WordPress は、記事情報を MySQL データベースに保存します。したがって、WordPress をインストールする前に、お使いのサーバー上で、データベースを1つ、事前に準備する必要があります。

MySQLが使えるサーバーの場合、レンタルサーバーの管理画面で「データベース」の準備・管理が可能です。以下の情報が、WordPress インストール時に必要になるので、しっかりメモしておきましょう。

phpMyAdminによる確認(任意)

ここは読み飛ばしても構いません。
WordPress の利用では、とりあえず1つのデータベースが存在すればよいので、上記のプロセス(管理画面からデータベースの作成)で準備OKですが、大半のレンタルサーバーが、phpMyAdmin を用意していて、直接的な管理もできるようになっています。
 どんなものか・・ということは知っておいた方がいいので、以下、簡単に確認手順を記載します。

WordPress のインストール

WordPress の初期設定

#image(): File not found: "wp-install.jpg" at page "WordPress/RentalServer"

動作確認

付記:DataBaseについて

PAGES

GUIDE

DATA

Last-modified: 2020-10-08 (木) 18:53:39