LogoMark.png

データサイエンス/2021/1210

第13回 データビジュアライゼーション3

データサイエンス/20212021.12.10

AGENDA


以下、LIVE動画をご覧下さい。記事に沿って解説します。
記録動画は、学科サイトの特設ページ(要ログイン)に移動しました。



CONTENTS


はじめに

進捗確認

https://design.kyusan-u.ac.jp/socialdesign/?JohnSmith/DataScience

アンケート未回答の方 再度ご協力のお願いです。

%%https://forms.gle/or5cpmzE4Laghu3L6%%
> 12月13日、締め切りました。ご協力ありがとうございました。

アンケートの結果は、統計処理の練習用資料として、学籍番号・自由記述を除く部分を皆さんへフィードバックします。



地理情報の可視化

統計データを、国や地域、道路など地図上に可視化する需要が高まっています。今回は、地図情報の活用と、地図上にデータをプロットする方法を体験します。

地理情報の可視化ライブラリ Folium

オープンソースのJavaScriptライブラリLeafletを用いて Pythonでインタラクティブな地図を生成するライブラリです。

緯度・経度の値を使ったマーカー表示や、ヒートマップの表示、また GeoJSON形式の地理情報と統計情報を合わせた各種の可視化が可能になります。

Foliumはデフォルトで OpenStreetMap を使用しています。

コロプレス図とは

コロプレス図とは、統計数値を地図上に表現したもので、区域単位(国別など)の情報を、統計値に応じた色彩や明暗によって表します。人口やGDP、生産高など、土地の上に分布するものを表現するのに適しています。

GeoJSONデータとは

緯度・経度情報を取得するには

Pythonによるビジュアライゼーション体験3

地理情報のビジュアライゼーション

ノートブックの新規作成

サンプルデータ


サンプルコード

JupyterNotebook形式(.ipynb)でプログラムを提供します。
https://github.com/koichi-inoue/DataScience/blob/main/GeographicVisualization.ipynb



プログラムの解説

基本的な地図の描画(Folium)

地図上にマーカーを表示(Folium)

地図上にサークルを表示(Folium)

上と同様につき、省略します。

ヒートマップの描画(Folium)

GeoJSON データを活用したコロプレス図(Folium)

plotly.express による地球儀(plotly)




学科サイトにリンク掲載(その7)

ノートを、学科サイトの個人ページからリンクして下さい。以下、手順です。

PAGES

GUIDE

TOOL

DATA

Last-modified: 2021-12-10 (金) 10:26:50