LogoMark.png

木原慧士/卒業研究I のバックアップソース(No.7)

#author("2020-05-01T14:39:09+09:00;2020-05-01T14:29:35+09:00","default:member","member")
*
SubTitle : 人の動き×プロジェクションマッピングを利用した空間演出
'''Keywords:日本舞踊 / 映像'''
~
//#image(coming.png,,80%)
~
~


**プロジェクトの概要
//プロジェクトごとに作業の進め方は異なるので、見出しの構成もそれに応じて変わるものと考えて下さい。要は、メンバー間で「情報共有」すべき内容を、整理して書く・・ということです。};

***これは何? 
日本舞踊 × プロジェクションマッピング
~
~

***目的・主旨
~
~

***ターゲット
日本舞踊をあまり見たことのない若年層
~
~

***制作物
-OP映像
-本編映像
-ED映像
-PV
-舞台
~
~

***メンバーと役割分担
-木原慧士(ソーシャルデザイン学科)
--演者
--プロモーションビデオ
--全体の演出
--舞台製作
~

-岩下尚樹(写真・映像学科)
--OP映像
--本編映像
~
~

***プロジェクトで使用するツール
-ソフト
--Illustrator
--PremierePro
--AfterEffects
--MadMapper
~

-機材
--プロジェクター
--照明
--スピーカー
--カメラ
~
~


**プロジェクト管理

***スケジュール
[[&color(green){スプレッドシート←};>https://docs.google.com/spreadsheets/d/1ulW09Ff8kx2qowdbFXlP2WaC4inoQjrZPb5UtAXa1RE/edit?usp=sharing]]

前期 : op完成,舞台試作,本編映像絵コンテ,
夏休み : 舞台完成,本編映像完成,映像と動きの合わせ
後期 : pv制作,総まとめ,展示準備
~
~


***ToDo
-音楽の使用料確認
-タイトル決め
-メンバーと作りたい世界観のすり合わせ
-スケジュールをもっと細かく
-この作品の売りを決め込む
~
~


**進捗・記録
~
***2020/04/25
&color(red){LINE会議};
-メンバーのテーマ登録用紙に沿って、テーマ等を文字に起こしました。
--日本舞踊を題材とした時、観る年齢層が高めである。なので、今時の曲や演出を使うことで、親近感を沸かせ若い 人達にも日本舞踊の面白さを伝えたいと考える。また、日本舞踊にプロジェクションマッピングを使用した舞台は少な く、その中でも動きと連動させた作品はほとんど見られなかった。なので、それをすることによって他の作品と差別化 ができるのではないかと考えた。
~
~

***2020/04/21
&color(red){LINE会議};
-[[スケジュール決定(仮)>https://docs.google.com/spreadsheets/d/1ulW09Ff8kx2qowdbFXlP2WaC4inoQjrZPb5UtAXa1RE/edit?usp=sharing]]
スプレッドシートにてまとめています。
~
~


***2020/04/13
&color(red){外出自粛中のためLINEで会議};
-5W1Hをもとに、話し合いをしました。
--Memoに箇条書きで書いています。
-メンバーと作りたい雰囲気のすり合わせ。
-大まかなスケジュール決め
~
~


**Memo
-日本舞踊は年齢層が高めなイメージ。
-年齢層の若い人たちにも、日本舞踊を見てもらいたい。
-今時の曲や演出を使うことで、親近感を沸かせる。
-僕たちの世代に面白さを伝えたい。
-紙吹雪を降らせる(光がチラチラして)
-初めは暗幕に投影
-edは映画のクレジットみたい
~
~

**Link
-音楽
--https://waiai.bandcamp.com
--http://sp.yuzame-label.com/culture/
~
~

-動画
#settableborder(none)


|48|4|48|c
|#youtube(3bN6q7iJXR8)||#youtube(LnXU0Q5QHk0)|
|#vimeo(141860119)|||