LogoMark.png

ソーシャルデザイン応用演習/2021/0914

第1回|ガイダンス

ソーシャルデザイン応用演習/2021 2021.09.14
学科サイト|受講生一覧

AGENDA


以下、LIVE動画をご覧下さい。記事に沿って解説します。
記録動画の公開は9月17日(金)までとします。早めの確認をお願いします。



CONTENTS


はじめに

この授業の進め方について

授業概要

受講環境を整える

PC・ネットワーク環境

大学生活半年経過ということで、自宅のPC・ネットワーク環境が整っていることが望ましいのですが、未設置の場合は大学の教室を活用してください。

Googleアカウント

すでに Gmail 等で利用中かと思いますが、いつでも・どこからでも Google にログインできるよう、アカウントのIDとパスワードを再確認して下さい。
https://www.google.co.jp/

学科サイトのページの確認

井上(貢)担当回の成果は、学科サイトの当該科目ページでリンク共有します。
学科サイト|受講生一覧

スケジュール管理について

GanttChartAnatomy.png

クラウドで共有できるプロジェクト管理ツールスプレッドシートを活用して、作業全体のイメージを「見える化」して下さい。

プロジェクト管理ツールでは、プロジェクトの性質に応じて、何をどのようにチャート化するか、いくつかのプロトタイプが用意されていますが、要は5W2Hを意識しながら縦軸に作業項目、横軸を日程として整理すればよいので、普通にスプレッドシートを使った管理でもまったく問題ありません。
図版:ガントチャート by Malyszkz  en.wikipedia.org/wiki/File:GanttChartAnatomy.svg

その他1|受講情報の管理について

受講情報管理.jpg

日々届く連絡通知や資料、課題レポートのデータなどは、右のように科目ごとのフォルダを作って整理するとよいでしょう。連絡の本文はファイル名に日付をつけた形の.txt データにして整理しておくと楽です。

その他、情報の一元管理には様々な方法があるので、検討してください。

その他2|ファイルの「拡張子」が見えていない方へ

拡張子というのは、index.html photo.jpg document.docx などの、ファイル名の後ろについている「ファイルの種類を明示する文字列」のことです。

パソコン購入時は、初心者がこの拡張子を間違って書き換えてしまうことがないように、あえてこの部分が「非表示」になっています。プロとして仕事をする際、これが諸悪の根源となるので、以下を参考に、拡張子が表示されるようにしておきましょう。

WindowsMac
folderoption.jpg
finder02.jpg
エクスプローラー>ファイル>フォルダと検索のオプションFinder>環境設定




補足講義

デザイン思考

デザイン思考|Design Thinking という言葉は1990年代にIDEOのデビッド・M・ケリー、ティム・ブラウンらが提唱したもので、デザイナーの思考のプロセスを体系的に言い表したものです。

GoogleImage:デザイン思考

KJ法

文化人類学者の川喜田二郎氏がデータをまとめるために考案した手法で、そのアルファベット頭文字をとって KJ法。

KJ法のイメージ

ポストイットとマーカー、そしてホワイトボードを使って、以下のように情報を整理していく手法で、おそらくみなさんも総合学習の時間等で経験したことがあるかと思います。

次週までの課題

私の「お気に入り」を JumBoard 上に書き出して、4〜7つのキーワードでグルーピングするとともに、ボードを画像として出力して、学科サイトの当科目のページに以下の形式で掲載して下さい。

**2021.09.14
***My Favorites
#image(xxxxxxx.png)
~


Google Jamboard について

電子的な付箋を使った情報整理ツールとして、Google JamBoard を利用します。




APPENDIX|大学での学び(再考)

20世紀型の「学び」を相対化する

私たちは工業社会時代の常識を今もひきづっています。21世紀の情報通信環境は当時とは異なる社会を実現していることをふまえ、対面授業と遠隔授業それぞれの特性を生かした学びにシフトすることが賢明です。

大学の本質はその「外部性」にある

内部と外部.png

注)右上の図では、学問や芸術を便宜的に点線円で囲んでいますが、本来そのような「囲い」は存在しないとお考えください。「外部」は連続的かつ無限です。


プロイセン型教育とプロジェクト型教育

プロイセン型教育プロジェクト型教育
教えるアドバイスする
暗記型探究型
教科書あり教科書なし
科目別科目融合
期末試験等(数値目標)成果報告プレゼンテーション
成績表あり(評価)成績表なし
完結・終了問題がなくなるまで随時更新

竹内薫 「わが子を AI の奴隷にしないために」を参考に筆者追記


Question & Answer から Problem & Solution へ

Question と Problem。ともに日本語では「問題」です。問題を解くことに専念してきた多くの日本人は「問題は与えられるものである」という感覚に慣れてしまって「問題」そのものを疑うことをしないようですが、with AI の時代に人が精力を注ぐべきは、ググればわかるような Question に答える能力ではありません。人と社会が抱える Problem を見出し、これに対する Solution を提案できるようになることが重要です。




PAGES

GUIDE

TOOL

DATA

Last-modified: 2021-09-14 (火) 19:02:58