LogoMark.png

情報デザイン演習IIA/2021/0419

第2週|現状分析

情報デザイン演習IIA/2021 2021.04.19
受講生2021 一覧

AGENDA

CONTENTS


はじめに

Worklog の確認

みなさんの先週分の報告を確認します。
受講生2021 一覧



事前講義


テーマ決めについて

前期を通して取り組むデザインプロジェクトなので、長期的な視点に立って計画する必要があります。以下の点に留意して、あなたのテーマ候補の中からいずれか一つにテーマを絞って下さい。


現状調査(分析)について

デザイン思考のプロセスにおいて、現状の問題を見出し、何をどうするべきか、その課題を定義する・・という作業は非常に重要です。

極端に言えば、課題が決まれば(あとはアイデアを考えて実行するだけなので)プロジェクトの大半はできたも同然です。。

そこで、まずは、あなたが取り組もうとしているプロジェクトについて、以下のような現状の調査・分析を行って、最終的に「課題の定義」につなげて下さい。

第2週の演習内容

自分自身のテーマの決定

自身のテーマ候補の中から、今回のテーマを1つに決定して下さい。
他のメンバーとテーマがかぶっても構いません。当該テーマを決定した背景(なぜそのテーマを選んだのか)について、文章で語って下さい。

最終成果物の仕様

メディアの形式(ポスター、冊子、映像、Web等)を決めて下さい。

現状調査1|テーマ内容の先行事例

自身のテーマ内容に近い情報提供を行っているサイトをWeb上で調査して、そのURLを報告記事として列挙して下さい。

現状調査2|表現形式の先行事例

自身の選択したメディア(ポスター、冊子、映像、Web等)における表現形式として、参考となるURLを報告記事として列挙して下さい。

現状調査3|時間軸(対象の歴史的知見)

プロジェクトのテーマに関わる「対象」、例えばテーマが「レシピ動画」であれば、料理の歴史、食材の歴史、調味料の歴史、調理器具の歴史・・といった歴史的な経緯、また食材の成長プロセス(時間経過パターン)、調理器具の製造プロセス、さらに調理にかかる時間など、動画に登場する具体的な対象について、その「時間的な側面」を様々な視点から調査して、情報を整理して下さい。

現状調査4|空間軸(対象の地理的知見)

同様に、プロジェクトのテーマが「レシピ動画」であれば、食材の産地、流通経路、また食材や器具の「大きさ」、撮影時の被写体の「サイズ」など、動画に登場する具体的な対象について、その「空間的な側面」を様々な視点から調査して、その情報を整理して下さい。


現状調査5|技法

プロジェクトの遂行にあたって、どんな機材や技術が必要になるか、例えば、同様にテーマが「レシピ動画」であれば、まずは、調理器具、調理方法について、そして照明・撮影機材について、また撮影と編集に関する技術、さらに動画編集ソフトウエアの使い方など、総合的な視点から、関係があると思われる技術的な知見を調べて、これを分類・整理して下さい。すべてを自分で書く必要はなく、その情報にたどり着くためのリンクをまとめる・・という発想で構いません。

課題の整理

現状の調査が終了して、ある程度予備知識がついたところで、プロジェクトの遂行にあたって「解決すべき課題」を整理して下さい。

実際にどんなものにするかを考えるのは(アイデア創出は)次週以降です。今この段階ですべきことは、課題を整理しつつリストアップするということです。

例えば、テーマが「レシピ動画の作成(デザイン)」であれば、以下のような事項が「課題」になります。

その他にも、気づいたことはすべて「整理しつつ」列挙しておきましょう。これらが、プロジェクトのスケジュールを作成する際の ToDo項目になります。

で、実際に「どんなレシピ動画にするのか」具体的な内容・展開を考えるのは、次のステップである「アイデア創出」の段階になりますが、まずは、この段階では、何をしなくてはならないか、課題を明確にしておいて下さい。



プロジェクトのページの更新

今週の成果を学科サイト上で共有します。以下、各自のプロジェクトのページを開いて、内容の更新、書き込みを行って下さい。

Overview|プロジェクトの概要を更新して下さい

以下、いずれも現時点での想定情報で構いません。とりあえず、一旦埋めて下さい(プロジェクトの進行中に変更、記事の更新はOKです)。

Survey|調査の結果を報告して下さい。

***現状調査1 テーマ内容の先行事例
-◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯
-◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
-◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯
-◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯ 
~

***現状調査2 表現形式の先行事例
-◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯
-◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
-◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯
-◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯ 
~

***現状調査3|時間軸(対象の歴史的知見)
-◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯
-◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
-◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯
~

***現状調査4|空間軸(対象の地理的知見)
-◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
-◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯
-◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯ 
~

***現状調査5|技法
-◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯
-◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯ 
~


Project Management|管理情報を更新して下さい。

Worklog|今週の進捗報告を記載して下さい

**2020.04.19
***テーマ・概要に関する作業の報告
-タイトル:◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
-テーマ採択の背景:◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯・・・・
・・ ・文章で記載して下さい。・・・・・・・・・・ ・・・・・  
・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・
***調査報告
(Survey の部分と重複して構いません)






APPENDIX

次週 について

次週は「アイデア創出」です。 アイデア創出のためには、その前提となる現状の分析によって、問題を明らかにし、課題を明確に整理しておくことが必要です。この間の調査、分析をしっかりと時間をかけて行うようにして下さい。




PAGES

GUIDE

DATA

Last-modified: 2021-04-19 (月) 16:38:15