LogoMark.png

情報デザイン演習IIA/2021/0517

第5週|テスト1

プロトタイプの検証 > 遠隔プレゼンテーション

情報デザイン演習IIA/2021 2021.05.17
受講生2021 一覧

AGENDA

CONTENTS


はじめに

Worklog の確認

みなさんの先週分の報告を確認します。
受講生2021 一覧



事前講義

今週は、プロトタイプの検証を目的として、それぞれに自身のプロトタイプを紹介していただきます。授業が遠隔で行われているため、通常であれば教室で行うプレゼンテーションを「Web上で」で行っていただくことになります。


テストについて

テストは、プロトタイプを試用してもらうことで、ユーザーからのフィードバックを得るとともに、ユーザーの共感を高めるための段階です。

テストの目的


テストの要点

以下の説明は、リアルにテストが実施できる場合の一般論としてお読みください(今回は遠隔が前提となっているので、プロトタイプをWeb上で見てもらう・・というかたちで実施します。手にとって見てもらうことはできません)。




プレゼンテーションの準備

各自のページの先頭部分(メインビジュアルの部分)に、以下のいずれかの方法でプロトタイプに関する説明(Web上プレゼン)を行なって下さい。

この演習では、「説明用の画像を作成して掲載する」という簡単な方法でも構いませんが、「遠隔プレゼン」の方法は、いろいろあります。以下、いくつかの手法を紹介しますので、可能であれば、是非挑戦してみて下さい。

1) Webサイトの埋め込み

プロジェクトが Web系の場合は、サイトを直接埋め込む形で提示して、説明の文章を加える・・という方法でも構いません。


2) プレゼンスライド


3) プレゼン動画

以下、いずれの方法も、最終的には YouTube 等の動画共有サイトへアップして、「限定公開」アドレスを取得 > 各自のプロジェクトのページに掲載・・という手順を踏むことになります。

#youtube( 動画のID )



参考:学科サイトを使ったプレゼン動画の作成事例

Macの画面収録(手法解説3/方法3)を使っています。




相互評価シートの準備

それぞれのプロジェクトのプロトタイプについて、全員からコメントをもらうために Googleスプレッドシート(共同編集シート)を用意します。

fig1.png

1) Googleドライブにシートを作成

fig2.png

2) 共同編集を可能にする

3) 学科サイトからリンク

4) 準備完了のイメージをご確認下さい




APPENDIX

次週は開始と同時に受講生全員相互に、評価コメントの入力を開始します。
次週の開始前までに、プロトタイプのプレゼンテーションと、評価シートの準備を確実に終わらせるよう、作業を遂行して下さい。




PAGES

GUIDE

DATA

Last-modified: 2021-05-17 (月) 17:07:49