LogoMark.png

Cryptography

暗号

Cryptography|秘密通信を行うための方法や装置に関する科学

暗号化の目的

私たちが日頃使っているインターネット通信は、いくつものサーバを経由してデータが転送されていて、当然、その途中のサーバやネットワークで、データの中身を見られたり、内容を書き換えられたりする危険があるわけです。これら情報セキュリティーに関する問題を防ぐための技術が暗号化です。第三者に見られても内容が分からないように「暗号化」すること、また、相手が本当の相手なのかを確かめる「認証」が必要になります。

情報に関するセキュリティ問題は主に以下のように整理できます。


暗号方式

参考:


共通鍵暗号方式

暗号用と復号用に同じ鍵を用いる方式です。

公開鍵暗号方式

暗号用の鍵と復号用の鍵が異なる方式です。


SSL/TLS通信

SSL/TLS通信は主に共通鍵暗号で通信を行います。しかし、共通鍵暗号方式では、暗号側と復号側で同じ鍵を所有する必要があります。通信を行う前に一方が他方へ鍵を渡さなければなりません。
 そこで、まずは公開鍵を使って共通鍵を暗号化して相手に送り、その後は相互に共通鍵を使う・・という手順がふまれます。
 もっとも典型的なのは、普段Webを閲覧する際につかう HTTPS 接続です。まず接続先のサーバーが本物であるかは、認証局が発行した「サーバー証明書」によって確認できます。次に、サーバーが公開している「公開鍵」をつかってクライアントが「共通鍵」を暗号化して送ります。これを復号できるのは「秘密鍵」を持っているサーバーだけ。よって、以後は送られた共通鍵による安全な通信が可能になります。

参考:


関連用語

PAGES

GUIDE

TOOL

DATA

Last-modified: 2020-02-29 (土) 13:37:24