LogoMark.png

Water


一番美しいものは? と聞かれたら、「水」と答えることにしています。
水素と酸素の化合物で化学式は H2O 。

あたりまえ過ぎて意識することがないのですが、とても不思議な存在です。
「水」にまつわる言葉もたくさんあります。


水の源 | 山

水は山で生まれます。現代人にとって「山」の存在感は希薄なものかもしれませんが、そこは、草木を育て、水を育み、また空気を浄化する場所です。我々人間にとって、かけがえのない大切な場所なのです。そこには「山の神」が宿っていて、今でも様々な祭礼が行われています。

日本は資源に乏しい国と言われますが、自然の力と共存した循環型の暮らしを理想とすれば、日本は最も資源に恵まれた国であると言えます。

今、世界が依存している大半のエネルギーは、再生不可能な有限の資源によるものですが、かつて(文明開化以前)の日本人が依存していたエネルギー、すなわち、薪から得られる熱や、水車から生まれる小水力は、太陽エネルギーをもとにした循環型のエネルギーであり、無限に利用可能な資源なのです。

しかし、多くの現代日本人はそのことを忘れています。「山」を見て「ありがたい」と思う気持ち… 今、それがとても大切なことだと思います。

水の地球

地球環境において「水」は非常に重要な役割を担っています。

人類社会の循環的持続を根底で支えているのは、太陽からの低エントロピーのエネルギーの取り込みと、宇宙空間への高エントロピーのエネルギーの廃棄です。植物は、低エントロピーのエネルギーを高エネルギーの低エントロピー物質(炭水化物)に変え、動物に提供します。そして動物は、高エネルギー・低エントロピーの物質と酸素を消費して、植物が利用できる形に戻します。

そして、その過程で発生するエントロピーを生命系外に廃棄すること、またそれを宇宙空間に熱放射することに貢献しているのが「水」という「低エネルギー・低エントロピー」の物質なのです。

生物の体も定常開放系(散逸構造系)である点で同じ。外部から物質・エネルギーを取り入れて生理的な活動(消費)を行えば、高いエントロピーが発生します(もちろんその代表格は熱)。そして、そのエントロピーを体外に廃棄するのに必要なのが「水」です。私たちは、栄養を摂ることよりも、エントロピーを体外へ排出することの方が優先されるべきかもしれません。人は水なしでは生きられない・・とは、そういうことです。

定常開放系においては、系内の「水」が循環することで、エントロピーの廃棄が行われ、動的状態が保たれているということは、非常に重要な知見です。生きている・・ということが(福岡伸一流の)「動的平衡」と同義であるとすれば、資源・エネルギーそのものよりも、その「流れ」が持続できているかということが重要なのだと言えるでしょう。

「水に流す」という言葉があります。科学的知識がなかった時代にも、賢者は「水の効用」について気づいていたのだと思います。


Topics

(気づいたときに随時追記しています)



水のリンク(記事)

水のリンク(画像)

水のリンク(水関連サイト)

書籍紹介





PAGES

GUIDE

TOOL

DATA


*1 氷は表面に張ります。だから、水棲生物は温室となる水面下で生きることができるのです。
Last-modified: 2021-07-01 (木) 18:50:23