LogoMark.png

Homeostasis のバックアップ(No.2)


Homeostasis


ホメオスタシス(恒常性)とは、アメリカの生理学者 W.キャノンが提唱した生物学上の概念*1 で、生体がその内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向のことです。

ホメオスタシスには、主に自律神経系による神経性の調節と-ホルモンによる体液性の調節があり、気温や湿度など外部環境の変化や、体位・運動などの身体的変化に対して、体温、血液量や血液成分などの内部環境を生存に適した一定範囲内に保持します。生体恒常性の異常、すなわち体温や血糖値の正常範囲外への逸脱は「病気」を意味し、また逆に「自然治癒」は生体恒常性の働きによるものと理解されます。

高等動物の生理学的研究から生まれた概念ですが、現在では生物群や個体群の「動的平衡状態」など、幅広く使われています。



内部環境と外部環境

homeostasis.png

内部環境と外部環境を「膜」で隔てたシンブルな概念モデルは、生物個体から生物群、地域社会、地球環境まで、様々な現象の説明に使うことができます。


拡張ホメオスタシス

人類は個体レベルで環境に適応することから、個体を取り巻く環境を変えることへと生存戦略をシフトさせました。服を着る、ストーブを焚いて室温を上げる。特定の場所に定住し、周囲のものを作りかえていく(デザインする)。つまり「膜」のサイズを「個体」から「社会」へと拡張したのです。結果として、個体として他の生物のように自然界に適応する能力は退化しています。

この逆ホメオスタシス現象こそ<過剰なる文化>がもつ両刃の剣であった。
外界の対象を迂回させることは、自らが迂回する能力の退化を並行する、
外なる自然の征服は内なる自然の破綻を呼ぶ。
文化は本能が退化したためにこれを補填すべく作り出されたものではなく、
その逆に、人間は文化をもったが故に、本能の歯車を狂わせたのである

丸山圭三郎, 生命と過剰,1987

文化と文明

異文化という言葉はありますが、異文明という言葉はありません。つまり、文化には多様性が想定されていますが、文明はグローバルな標準化が前提となっているのです。文明のホメオスタシスは「拡大・成長」しつづけます。歯止めのない成長は癌細胞と同様に、最後には自分自身を滅ぼします。

文化は排他的所有には馴染まない共有財産ですが、文明はハードウエアである点で排他的な所有が可能です。文明のホメオスタシスは、一部の「所有者」の意向によって、その「膜」のサイズをどんどん大きく拡大させています。外部がなくなれば破綻する・・ということを視野に入れなければなりません。