LogoMark.png

Homeostasis のバックアップ差分(No.4)


#author("2021-03-08T22:52:23+09:00;2021-03-08T11:11:57+09:00","default:inoue.ko","inoue.ko")
#author("2021-03-16T17:47:04+09:00;2021-03-08T11:11:57+09:00","default:inoue.ko","inoue.ko")
* Homeostasis
~

ホメオスタシス(恒常性)とは、アメリカの生理学者 W.キャノンが提唱した生物学上の概念((W.キャノン, 人体の知恵, 1932)) で、生体がその内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向のことです。 

ホメオスタシスには、主に自律神経系による神経性の調節と-ホルモンによる体液性の調節があり、気温や湿度など外部環境の変化や、体位・運動などの身体的変化に対して、体温、血液量や血液成分などの内部環境を生存に適した一定範囲内に保持します。生体恒常性の異常、すなわち体温や血糖値の正常範囲外への逸脱は「病気」を意味し、また逆に「自然治癒」は生体恒常性の働きによるものと理解されます。 高等動物の生理学的研究から生まれた概念ですが、現在では生物群や個体群の「動的平衡状態」など、幅広く使われています。
~
~

***内部環境と外部環境
#image(homeostasis.png,right,40%)
内部環境と外部環境を「膜」で隔てたシンブルな概念モデルは、生物個体から生物群、地域社会、地球環境まで、様々な現象の説明に使うことができます。

-内部環境が恒常的に維持されている状態が「生」、内外の区別がなくなる状態を「死」と考えます。死は「膜」が破壊されるか、あるいは、内部の拡大によって外部がなくなる場合に訪れます。

-内部は、外部からエネルギーや物質を取り込み、代謝を行い、不要なものを外部へ排出します。個体レベルでは「食事と排泄」、人間社会では「エネルギー資源の掠奪とゴミの廃棄」です。

-内部は「異物」を排除するだけでなく、それを取り込むことによって変化(進化・多様化)を促す仕組みを持っています。
--生物はウイルスを取り込むことで、自らを多様化(進化)させます。
--社会は「異質なもの」を取り込むことによって、それ活性化させます。
 最も強い者が生き残るのではなく、
 最も賢い者が生き延びるでもない。
 唯一生き残るのは、変化できる者である
 Charles Robert Darwin(?)

-生物群は、内部に対する互恵性(利他性)と外部に対する攻撃性(利己性)によって「棲み分け」を行うことでバランス(多様性)を維持しています。

-人間の集団も同様で、「仲間を守る(互恵性・利他性)ためであれば、敵を攻撃する(攻撃性・利己性)ことが容認される」というのが一般的です。そして、この仲間と敵の境界が流動的であるということも重要です。極端な話、宇宙人が敵であれば、世界中が仲間であり、お互いのために協力します。

~

***逆ホメオスタシス
人類は個体レベルで環境に適応することから、個体を取り巻く環境を調整することへと生存戦略を逆転させました。服を着る、ストーブを焚いて室温を上げる。特定の場所に定住し、周囲のものを作りかえていく(デザインする)。つまり、内部と外部を隔てる「膜」の位置を「個体表面」から「衣服」>「住居」>「都市」>「社会」へと拡大していったのです。結果として、個体として他の生物のように自然界に適応する能力は退化しています。
 この逆ホメオスタシス現象こそ<過剰なる文化>がもつ両刃の剣であった。
 外界の対象を迂回させることは、自らが迂回する能力の退化を並行する、
 外なる自然の征服は内なる自然の破綻を呼ぶ。
 文化は本能が退化したためにこれを補填すべく作り出されたものではなく、
 その逆に、人間は文化をもったが故に、本能の歯車を狂わせたのである
&small(丸山圭三郎, 生命と過剰,1987);
~


***文明のホメオスタシス?
異文化という言葉はありますが、異文明という言葉はありません。つまり、文化には多様性が想定されていますが、文明はグローバルな標準化が前提となっているのです。文明のホメオスタシスは「拡大・成長」しつづけます。歯止めのない成長は癌細胞と同様に、最後には自分自身を滅ぼします。

-文化(Culture)
--人類が生みだした生活様式(ソフトウエア的なもの)
--言語・衣・食・住・技術・学問・芸術・道徳・宗教・政治など
--文化の多様性は相互に尊重されています

-文明(Civilization)
--人類の技術が作り出した生活環境(ハードウエア的なもの)
--都市空間、交通システム、情報システムなど、
--文明は(効率化のために)多様性を捨てて拡大(標準化)していきます

文化は排他的所有には馴染まない共有財産ですが、文明はハードウエアである点で排他的な所有が可能です。文明のホメオスタシスは、一部の「所有者」の意向によって、その「膜」のサイズをどんどん大きく拡大させています。外部がなくなれば破綻する・・ということを視野に入れなければなりません。

~

***ガイア仮説
ガイア仮説とは、地球を恒常性のある「巨大な生命体」と見なす仮説で、NASAのジェームズ・ラブロックによって 1960年代に提唱されました((当初、この理論は「自己統制システム」と呼ばれていましたが、作家のウイリアム・ゴールディングの提案で、ギリシア神話の女神「ガイア」にちなんだ「ガイア仮説」に変更されました。))。

気温、酸素濃度・・地球は確かに生命のごとく恒常性を保っていますが、産業革命以後の人類のふるまいは、それを破壊しかねないほど大きなインパクトを持つようになっています。

''参考:人新世|Anthropocene''
人類の活動は、地球の歴史の中で「新生代・第四紀・完新世」((地球上の岩石層に残された生物の化石などにもとづいて時代を区分する「地質時代」では、時代の区分は大きなものから「代」と呼ばれ、それが「紀」に分かれ、さらに「世」に分かれます。))に始まって、現代まで続いています。しかし産業革命以後の約200年間、人類が地球環境に与えた影響はあまりに大きく、ドイツの化学者パウル・クルッツェン(ノーベル化学賞受賞者)は新しい時代区分としての「人新世」という言葉を提案しました((地質学の国際組織「国際地質科学連合」に公式に認められた時代区分ではありません。))。
~

***参考:開放系
熱力学では、外界とのエネルギー移動の観点から以下のように系を分類します。生物は熱力学的には「開放系」で、ホメオスタシスはこれを基礎としています。

-''開放系(Open system)''
外界との間で物質の移動、及び仕事や熱によるエネルギーの移動を許す系。

-閉鎖系(Closed system)
物質の移動は許さないが、仕事や熱によるエネルギーの移動を許す系は。質量保存の法則が成り立ちます。
物質の移動は許さないが、仕事や熱によるエネルギーの移動を許す系。質量保存の法則が成り立ちます。

-断熱系(Adiabatic system)
物質の移動、及び熱によるエネルギーの移動を許さないが、仕事によるエネルギーの移動を許す系。

-孤立系(Isolated system)
物質の移動や熱、仕事、つまり、あらゆるエネルギーの移動を許さない系。質量保存の法則に加えて、エネルギー保存の法則、エントロピー増大則が成り立ちます。 
~
~