LogoMark.png

講演/20161124 の変更点


#aname(top)
[[福岡海星女子学院高等学校>http://www.f-kaisei.ed.jp/senior/]]
~
 
 

*ART & DESIGN &size(16){&color(red){  for a sustainable future};};
&size(16){人と社会を元気にする「芸術」の力};
~
~
//RIGHT:
//&size(16){九州産業大学 芸術学部|Faculty of Art & Design};
~

~
~

#contents2_1

~
~
**はじめに
~

***自己紹介
井 上 貢 一(いのうえこういち)
&size(16){九州産業大学 芸術学部 ソーシャルデザイン学科 教授 / 日本デザイン学会 理事 / greenz people};
~
~
~


***大学とは
-教科書はない / 見解も様々 / 自ら調べ・考える / 答えはひとつではない
-学生と教員は「研究室」をもつ共同研究者 
-卒業式ではなく「学位授与式」 学士 / 修士 / 博士
-[[大学の歴史>大学での学び]]
-すべての学問の究極は「人間とは何か、どうあるべきか」を考えること
~
~
~


***芸術学部とは
-学びの対象 &size(16){理系・文系・芸術系・・という区分は忘れてください};
//-入試・ 授業料
-講義・演習・実習
-卒業後の進路 &size(16){会社に「入る」から、仕事を「得る」へ};
~
~
~


**Art & Design
~

***アート
-自分の中に「動機」を見出す
-自分の表現を追求する
-既成概念を破る新規性の追求(惰性化した日常を挑発する存在)
-アウトプットは「作品」|世界にひとつだけの存在|作家はサインを入れる
~

***デザイン
-暮らしの中に「問題」を見出す
-人と社会のニーズに応える
-問題を解決し日常を快適にする(時には空気のような存在)
-アウトプットは「製品」|設計図にもとづく機械生産|デザイナーは匿名
~
~
~

**Field of Design
~

***デザインの三角形
#lightBox("file/triangle.gif",,40%)
~
~
~

***Environment Design 「環境・空間」のデザイン

環境、景観、造園、都市計画、建築、インテリア、照明、ディスプレイ
&size(16){[[Landscape>GoogleImage: Landscape Design]] [[Architecture>GoogleImage:Mies van der Rohe Architektur]] [[Interior>GoogleImage: Interior Design]] [[DisplayDesign>GoogleImage: Display Design]]};
~
~
~

***Product Design 「もの」のデザイン

家電、家具、楽器、食器、クラフト、工芸、雑貨、ファッション、車、バイク
&size(16){[[Products>GoogleImage: braun]] [[Instruments>GoogleImage:Fender Stratocaster]] [[Craft>GoogleImage:白山陶器]] [[Package>GoogleImage: Package Design]] [[Fashion>GoogleImage: Fashion]]};
~
~
~


***Information Design 「情報」のデザイン

サイン、グラフィックス、Web、映像、ゲーム、音楽、音声、テキスト
&size(16){[[Infographics>GoogleImage:infographics]] [[Map>GoogleImage:beck london map]] [[GraphicDesign>GoogleImage: joseph muller brockmann]] [[WebDesign>GoogleImage: Website Design]] [[GameDesign>GoogleImage: Game Design]]};
~
~
~


***Social Design

-人と社会の未来を、豊かで楽しいものにする活動。
様々な問題に気づき、その解決策を持続可能なかたちで提案する活動です。
ソーシャルデザインは「森に道をつくること」にも例えられます。
-人類の誕生以来、誰もが普通に実践してきた活動ですが、
高度に複雑化した現代社会では、アーティストやデザイナーの持つ
感性と思考力が必要とされています。

[[Social Design>GoogleImage: ソーシャルデザイン]] [[Design Innovation>GoogleImage: design Innovation]] [[Sustainable Design>GoogleImage:Sustainable Design]] [[greenz people>http://greenz.jp/]]
// [[Design Thinking>GoogleImage:Design Thinking]] 

~
~
~

***学生デザイン展から

九州にあるデザイン系大学でデザインを学ぶ学生の作品を紹介します。
~
~
~


**Idea
~

***デザインの「面白い!」
-[[greenz.jp>http://greenz.jp]] [[記事例>http://greenz.jp/2016/01/30/tilting_the_street_of_san_francisco/]] [[OLIVE>http://www.olive-for.us/]] [[ちえとく>http://www.imishin.jp/chietoku/]]
-[[Bicycle>https://youtu.be/KRpI9k5n9Ps]] [[Pandas in the mall>https://youtu.be/ULkYhiucYX8]] [[Playing For Change>https://youtu.be/Us-TVg40ExM]]
-[[文の里商店街>GoogleImage:文の里 ポスター]] [[おしい! 広島県>https://youtu.be/2H5XYB-GQC0]] [[泣ける! 広島県 >https://youtu.be/gcB-yBEPKPQ]] [[宮崎県小林市>https://www.youtube.com/watch?v=jrAS3MDxCeA]]


//-[[学生デザイン展(日本デザイン学会第5支部)>http://afdn9.com/SDE/]]
//-[[学生デザイン展 2014 プレゼン資料>https://drive.google.com/folderview?id=0B7P0TnVkdX8DTFFvR3V3THYzbzA&usp=sharing]]
//-[[学生デザイン展 2015 プレゼン資料>https://drive.google.com/folderview?id=0B7P0TnVkdX8DQmh1MkRHY2pwYVE&usp=sharing]]
//-[[投稿サイト bokete|写真と言葉のコラボレーション>GoogleImage:bokete]]
~
~
~


***新しいアイデアは「編集」から生まれる
-名前をつける(区分ける、結界をつくる、記念日をつくる・・・)
-順序を入れ替える( 地球の水 → 水の地球 )
-質の異なる情報を組み合わせる( 写真と文字、音楽と映像 )
~
~
~


***発想を転換する
-明るくする → 周りを暗くする
-頑丈なものを作る → 壊れても簡単に修復できるものを作る
-倒れないようにする → はじめから倒しておく(台風に備えて・・)
-防災グッズを備える → それを日常的に使う(使い方が身につく)
-違反者に罰則を与える → 違反しなかった人に宝くじが当たる
~
~
~

***WORK

''てにをは'' で編集してみよう
-紙で
-紙に
-紙を
-紙は
~
~
~


**本日の最後に

環境、資源、食料、人口、貧困・・・私たちが暮らすこの社会は良い状態ではありません。欲望のままに消費する生活を続ければ破綻することは明らかです。
 優れた芸術家はみな、人と社会の問題について深く考えています。現代社会の常識を疑い、問題の本質に気付く力が必要です。疑問に感じてください・・
~

***「生活環境」について
-「定住」というライフスタイル
-「米、小麦、とうもろこし」が主食?
~
~

***「情報環境」について
-報道が伝えていること
-教科書に載っていること
~
~

***「あたりまえ」に使われている言葉について
-「人材」という言葉
-「消費者」という言葉
-「著作権」という発想
-「成長 / 頑張る」という言葉
-「勉強」と"study" ではスタンスが違う
-「大きくなったら何になりたい?」という問いかけ

//奴隷の最大の特徴は、自らが奴隷であることに気づいていないことです。
//Webが世界をつないでいます。
//小さな石でも、投じればその波紋は大きく広がります。
~



CENTER:
~
~
~
ほしい未来は、つくろう。 http://greenz.jp
~
~
&ref(file/ksu.png,,25%);
~
&size(16){九州産業大学 芸術学部|Faculty of Art & Design};
~
~
~
//[[↑>#TOP]]
~
~
~