LogoMark.png

情報デザイン概論/2020/1005

第4回 情報デザインとは

情報デザイン概論/2020|地域共創学部|2020.10.05遠隔
情報共有シート|特設サイト

AGENDA


以下、動画をご覧下さい。記事に沿って解説しています。
配信記録動画の公開は水曜日(7日)までです





本日のメニュー




はじめに

遠隔授業の回です。受講生のみなさんには、本日のテーマに関するコメントを求めます。講義の視聴する前に、以下の雛形をコピーして、今回のテーマ用の「節」を作って下さい。

今回分のコメント雛形 の準備

以下のグレーの部分を、そのままコピーして、特設サイトのあなたのページにペーストして下さい。

==情報デザインの事例|2020.10.05==
===GoodDeisign===
* https://www.example.com
* https://www.example2.com
<br>
===BadDesign===
* https://www.example.com
* https://www.example2.com
<br>




情報デザインとは

情報デザインとは何か。この問いには「デザインとは何か」と同様に様々な回答があります。もちろん、どれが正しいか否かではなく、自分がどう答えるかを常に考え続けるということが大切なのですが、とりあえず、Wikipediaの記述で、最大公約数的な定義を知ることからはじめましょう。

情報デザインの定義?

情報デザインのフィールド

情報×デザインの「てにをは」


情報デザインの 5W2H |企画

情報デザインの 5W2H |記事作成

付記:「情報が無い」ことの明記も重要な情報

気象庁の台風情報のページでは、台風が発生していない場合に、現在台風は発生していません というメッセージが表示されます。「情報が無い」ことを明示することは、情報を探す手間を省く、情報を求めておこる様々な混乱を防ぐ・・などのメリットがあります。

情報洪水対策

現代社会には情報が氾濫していて、送信者の意図どおりに受信者に情報が届かない、あるいは、非常に効率が悪いということが多々あります。ここでは、そうした情報洪水にどう対応するか、いくつかのキーワードを紹介します。

5つの帽子掛け

情報の整理には一般に以下の5つの視点があります。
by リチャード・ソール・ワーマン

ストックとフロー

ストックとは、長期にわたって何度も閲覧される情報のことで、マニュアル、参考資料、文書フォームなどがこれに該当します。一方、フローとは、短期間で価値がなくなる情報で、お知らせ、募集告知などがこれにあたります。

蓄積すべき情報には専用のシステムを使い、個人間のフローはメール、組織レベルフローにはポータルを活用する・・といったツールの使い分けが必要です。

Push & Pull

プッシュとは、送信者が情報が強制的に送る(受信者は情報を受動的に受け取る)形態で、メール・FAX送信などがこれにあたります。一方、プルとは、受信者が必要なときに情報を能動的に受け取りにいく形態で、Webサイト、共有フォルダ、掲示板を見に行くなどの行為がこれにあたります。

一般に、受信者にとっては、プッシュされた方がいい情報と、プルで対応する方がいい情報は異なっているはずですが、送信者都合で何でもプッシュされることが多いのが実態で、業務効率を下げる原因となっています。プッシュとプルの整理が必要です。

フォルダとインデックス(カテゴリーとタグ)

フォルダ(カテゴリー)は一般に送信側の意向で整理されていることが多いのですが、例えばWebサイトのメニューも、閲覧者の視点で見直す必要があります。インデックス(タグ)構造は、受信者視点の情報分類体系で、各情報に「タグ」を付けていくイメージです。例えば「犬の写真」には、「犬」と「写真」の2つのタグを付けておけば、閲覧者は「犬」からでも「写真」からでも目的のデータにたどり着くことができます。

「実体渡し」から「アドレス渡し」へ

「実体渡し」とは、書類のポスティングやメール添付ファイルのように、データそのものを相手に渡すことを意味します。一方「アドレス渡し」とは、「データの所在」を相手に伝えることを意味します。例えば、以下のような方法が「アドレス渡し」です。

書類等の情報は常にバージョンアップするので、過去に渡された「実体」は確実に古くなります。一方アドレス渡しの場合、リンク先の情報は常に最新を保つことができます。

サーバーにあるものがマスター、手元のファイルはクローン(予備)

データを自分の手元で管理するのをやめて、サーバーに置いて共有する・・というふうに、根本的な発想の転換が情報の共有をスムーズにします。

補足1:紙の文化から卒業する

印刷することを前提としてワープロで文書を作る発想は、作業効率を悪くします。1ページに収めようと文章を調整する作業などは、「タテ成り行き」で構わない Webページでは不要な作業であり、時間の無駄です。

例えば、PDFは電子媒体と言われますが、「A4タテ」などという、印刷を前提とした仕様になっている点で紙媒体と変わらず、作業効率の悪さから言えば、従来の紙ベースの仕事と変わりません。早めに卒業しましょう。

補足2:機種依存文字は使わない / 漢字は第2水準まで

正しく共有できない情報は、生産効率を著しく下げるだけでなく、場合によっては大きな事故につながります。

情報デザインの可能性

情報デザインにできることは何か?

モノ(ハードウエア)のデザイン vs 情報(ソフトウエア)のデザイン

情報デザイナーの役割

世の中の様々な問題に気づき、その解決策を提案するのがデザイナーです。
問題解決の様々なステップに情報デザインの力が必要とされています。

特設サイトへの書き込み

情報デザインの事例




参考

関連LINK

書籍紹介




APPENDIX

情報の空間性・時間性

松岡正剛(「知の編集工学」)に、有名な言葉があります。

情報は、ひとりでいられない

差異 / 言語 / 情報

最も基本的な「情報化」は、それに「名を与える」ということです。
言語化されてはじめてそれは情報になります。 > 言葉とは何か
物事を「差異化」して「関係づけ」すること・・

情報を生み出す思考

日々の暮らしの中にも、意識的に言語化することで「情報(記事)」にできることがたくさんあります。同一の視点で投稿された記事をコレクションすれば、それは立派な「Webサイト」あるいは「書籍」になります。

毎日の自分の行動を振り返ってみて下さい。無理なく続けられる「関心の対象」が何か見つかるはずです。





PAGES

GUIDE

DATA

Last-modified: 2020-10-05 (月) 17:21:44