LogoMark.png

情報デザイン演習IIA/2022/0613

第9回

情報デザイン演習IIA/2022受講生一覧

AGENDA


CONTENTS


はじめに

進捗確認




補足講義

分類について

複数の事物や現象を、一定の視点でグループに分けることを分類といいます。また、分類によってつくられたグループのことをカテゴリといいます。以下の2段階のプロセスがあります。

みなさんの多くのプロジェクトに見られるように、何らかの情報を収集してそれらを冊子やWebサイトに掲載する場合は、漫然と羅列するのではなく、いくつかのカテゴリに分けて、目次やメニュー上に可視化することが必要です。

机の引き出しや本棚を整理するのと同じです。分け方(分類の視点)は千差万別で「正しい分け方」が決まっているわけではないので、自身が集めている情報の全体を「引き」で眺めて、最適な分け方を検討して下さい。

情報デザインは、ビジュアルを整える以前に、情報を整理・体系化することが必要です。デザイナーの仕事は「森に道をつくること」でもあります。与えられたレールの上を行くのではなく、自分で道を作る経験を積みましょう。

項目が多すぎてまとめようがない・・という場合は、アルファベット(50音)順に並べたり、時間軸にそって(歴史年表)並べたり、価格の順に並べたりすることで、閲覧者がアクセスしやすい基準を提供します。

後期には WordPress という Webの業界標準CMSを利用します。従来型の分類ができないと、WordPress の真価を発揮させることができません。今のうちに「何でも分類する癖」をつけておいて下さい。



情報の出口としての Webサイトの可能性

Webサイト以外のテーマで取り組んでいる方にとって、写真、イラスト、動画などをどのようにしてひとつのコンテンツにまとめて公開するかは悩みどころだと思います。で、最も良い方法は、結局 Webサイトを作る・・です。index.html 1ページでも、そこに写真や動画を並べることで、ひとつのコンテンツとして完成形を得ることができます。

Markdown記法

Markdownファイル(.md)を使った情報のパッケージ化も可能です。

PAGES

GUIDE

TOOL

DATA

添付ファイル: filewebsite.png 12件 [詳細]
Last-modified: 2022-06-14 (火) 14:09:28