LogoMark.png

情報デザイン演習IIA/2022/0620

第10回

情報デザイン演習IIA/2022受講生一覧

AGENDA


CONTENTS


進捗報告

受講生の方(10 ~ 15名)のプロジェクトの現状確認と意見交換を行います。
順番に現状の報告をお願いします。
受講生2022 一覧



補足講義|テキストエディタ

はじめに

テキストエディタとは

テキストエディタとは、文字の入力・編集を行う最もシンプルなソフトウエアです。Web上の文章をコピー&ペーストするとき、思いついたことをメモするとき、サッと立ち上がる軽快なエディタがあると非常に便利です。自分の手になじむエディタを手に入れることで、サクサク仕事ができるようになりますので、是非この機会にいろいろ探してみてください。

基本的なこと

テキストエディタの例


文字コードについて

文字コードとは、コンピュータ上での文字の内部表現(バイト表現)あるいはその対応関係のことです。日本語が扱える文字コードとしては、ISO-2022-JP、EUC-JP、Shift_JISなどがこれまで良く使われていましたが、近年では多言語用文字コードであるUTF-8が標準といえます。
エディタには、データの文字コードを変換する機能や、文字コードを指定して保存する機能があるのが普通です。テキストデータの保存の際は、どの文字コードを利用しているのか、正しく把握するようにして下さい。
※HTMLファイルなどでは<meta>タグで文字コードを明記する場合があり、それと実際の文字コードが違っていると、ブラウザが誤解して、いわゆる「文字化け」をおこしてしまいます。
 

改行コードについて

改行を意味するコード(エディタの画面上では見えません)は、Windows, Mac, Linux それぞれ異なります。

Windows  LF+CR
Mac OS X  LF
Linux  LF
Mac OS 9  CR

したがって、ソフトウエアによっては異なるOSで作成されたテキストファイルの読み込み時に改行が正しく反映されなくなる場合もあります。異なるプラットフォーム間でデータの受け渡しをする際は、テキストファイルの改行コードにも注意するようにして下さい。

効率的な操作のためのキーワード

ショートカットキー について

PAGES

GUIDE

TOOL

DATA

Last-modified: 2022-06-20 (月) 10:56:02