LogoMark.png

Blender/Rendering_World

World

Blender 3.0


Worldは、単一の色から物理的な空のモデル、任意のテクスチャまで、様々な環境光の放射をシミュレーションすることができます。特に環境テクスチュアを使った Image Based Lighting (イメージベースドライティング)を使用すると、光源オブジェクトを使用せずにシーン全体を照らすことができ、シーン内のオブジェクトへの環境の映り込みを含めて、自然なライティングが実現します。



Worldの設定

マテリアル、テクスチュアの設定同様、PropertyEditor から設定する方法と、ShaderEditor(NodeEditor)で設定する方法があります。

環境光(色)の設定

環境テクスチュアの設定

Worldに環境テクスチュアを設定すると、Image Based Lighting(IBL)が実現します。これを実現するには、環境の Background に Environment Texture をリンクします。Environment Textureノードは、Equirectangular(正距円筒図法)およびミラーボール状の画像をマッピングする Mirror Ball(ミラーボール) を環境マップとしてサポートしています。以下の2つの方法があります。

PropertyEditor > World Property  > Color 
 > EnvironmentTexture > 画像を読み込み 
ShaderEditor > Header > World を選択
 Add > Texture > EnvironmentTexture > 画像を読み込み 


レンダリング時の設定

Cycleエンジンを利用したレンダリングでは、World Property の Ray Visibility パネルで、Camera のチェックを外すと環境画像は不可視となり、IBLとしてのみ機能します。



keywords

PAGES

GUIDE

TOOL

DATA

Last-modified: 2022-02-17 (木) 11:36:27