LogoMark.png

WordCloud

WordCloud

https://amueller.github.io/word_cloud/

Word Cloudは、テキストデータにおけるワードの出現頻度を可視化するための Python ライブラリーです。

英語の場合は、単語間にスペースがあるので、解析が簡単ですが、日本語の場合はオリジナルの文章から単語間がスペースで区切られた「分かち書き」の状態に変換する作業が必要になります。

はじめに

WordCloud のインストールとインポート

Python 言語のライブラリとしてのインストールになるので、一般の Python3 の環境であれば、Terminalから以下のコマンドでインストールできます。

$ pip3 install wordcloud

import する際は、以下のように記述するのが一般的です。

from wordcloud import WordCloud

Google Colaboratory では Jupyter Notebook で利用できるライブラリーが「すべてインストール済み」という前提なので、ローカル環境での作業のように、必要なライブラリのインストールを行う必要はなく、コードセルに import 文を書くだけで使うことができます。

ワードクラウドの生成に用いるメソッド

WordCloud()メソッドで描画ベースを作成し、generate()メソッドにテキストデータを渡すだけで簡単に生成できます。

txt = """ 文章 """
wc= wordcloud.WordCloud( width = 1280, height = 760, colormap='viridis')
wc.generate( txt )
plt.imshow( wc )
plt.show()




サンプル

サンプルコード

サンプルデータ

以下のような一般のテキストデータが利用できます。

PAGES

GUIDE

TOOL

DATA

Last-modified: 2021-12-06 (月) 12:53:38