LogoMark.png

ソーシャルデザイン応用演習/2021/1012 のバックアップの現在との差分(No.1)


#author("2021-09-15T17:06:26+09:00","default:inoue.ko","inoue.ko")
*第5回|執筆準備
#author("2021-10-19T08:35:49+09:00;2021-10-12T09:26:17+09:00","default:inoue.ko","inoue.ko")
*第5回|記事の執筆1
[[ソーシャルデザイン応用演習/2021]] 2021.10.12
[[学科サイト|受講生一覧>https://design.kyusan-u.ac.jp/socialdesign/?%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%BF%9C%E7%94%A8%E6%BC%94%E7%BF%92]]
~


***AGENDA
-以下名簿が表示されます。出欠確認をお願いします。
&fontawesome(far fa-hand-point-right); [[出欠確認・座席記録>https://docs.google.com/spreadsheets/d/1aTL4FaC3JOtsePZWKc8OWo3Wj1vtcwIy6suJWKSUcr0/edit?usp=sharing]]
-講義はこのページの内容を解説するかたちで遠隔 LIVE 配信します。
-今回と次回は、作業と個別質問対応が中心になります。
-演習の解説は、短時間で遠隔 LIVE 配信します。
-本日の内容に従って、学科サイトの個人ページに情報を記載して下さい。
&fontawesome(far fa-hand-point-right); [[受講生一覧>https://design.kyusan-u.ac.jp/socialdesign/?%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%BF%9C%E7%94%A8%E6%BC%94%E7%BF%92]]
~

#hr
'''''以下、LIVE動画をご覧下さい。記事に沿って解説します。'''''
'''''%%以下、LIVE動画をご覧下さい。記事に沿って解説します。%%'''''
記録動画の公開は10月15日(金)までとします。早めの確認をお願いします。
#hr
~

#youtube(ABC)
埋め込み無効状態です。授業開始直前にページをリロードして下さい。
~
//#youtube(IRFD_WYDcMY)
//https://youtu.be/IRFD_WYDcMY
//埋め込み無効状態です。授業開始直前にページをリロードして下さい。
//~

-配信開始:2021.10.12 09:30 -
-動画は授業直前に有効になります(準備段階では黒い画面)。授業開始時にページを再読み込みしていただくと、視聴が有効になります。
~
//-配信開始:2021.10.12 09:30 -
//-動画は授業直前に有効になります(準備段階では黒い画面)。授業開始時にページを再読み込みしていただくと、視聴が有効になります。
//~

***CONTENTS
#contents2_1

~

**はじめに

***今後の展開について
-第6回(次回):個別ページの制作(短時間の説明+個別対応)
-第7回(最終回):成果%%発表%% 講評(実習室+Zoom参加)
-第8回〜第14回 釜堀教授による演習
~

***本演習におけるワイヤーフレームの作成について
LINEで通知済みの内容を再掲載しています。

一般的には、何らかのツールでワイヤーフレームを作成し、その後、それにしたがって個別ページの作成・・という手順になりますが、今回は、Googleサイトの利用で簡単にページの作成ができるので、以下のような手順で作業していただいても構いません。

-1)Googleサイトで、個別記事(例えばお気に入りの文房具を紹介するページ)の雛形となるページを1つ作る
-2)そのページをプレビュー(ブラウザで表示)する
-3)ブラウザの画面を縮小(COMMAND + [-])してページ全体を表示して
-4)スクリーンショット(COMMAND + [SHIFT] + [4])をとる
-5)以上で得られた画像を「ワイヤーフレーム」つまりページの「雛形」として学科サイトに掲載する

とりあえず、十分に検討された雛形があれば、それを複製して、画像と文章を入れ替えるだけで、同類のページは簡単に増やすことができます。

実際のお仕事では、記事の種別にワイヤーフレームを作ることになりますが、演習の残りの期間を考えると、ワイヤーフレームのパターンは3種類程度で、これを複数のジャンルで使い回すということでもOKです。

''ここで学んで欲しいこと''
 情報の種類が変われば、最適なデザインパターンも変わる
~
~

**進捗確認
受講生の方の進捗を(短時間で)確認します。
-[[学科サイト|受講生一覧>https://design.kyusan-u.ac.jp/socialdesign/?%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%BF%9C%E7%94%A8%E6%BC%94%E7%BF%92]]


~
~

**執筆準備
***文章原稿
-前回説明した、5W2Hを意識して、事項の解説文を執筆して下さい。
-文章は、である調、ですます調、いずれかに統一
-同じ言葉が異なる表記になること(表記ゆれ)がないよう注意して下さい。
~

***画像(写真等)
-著作権の侵害がないよう配慮して下さい。
-画像のサイズはWebに最適化して下さい。
> [[画像のWeb掲載について>https://design.kyusan-u.ac.jp/socialdesign/?EditGuide/Images]]
-ワーヤーフレームに従って、画像の縦横比などを調整して下さい。
~
~
**学科サイトの構成について
-最終的に、以下のような形になるよう整理して下さい。
-サイト名、サブタイトルについて > 早急に決めて記載して下さい。
-サイトのサブタイトルの下にメインビジュアルを掲載して下さい。サイトのヘッダー部分のスクリーンショット、あるいはサイトのヘッダー画像と同じものなどを使って統一感を出して下さい。
~

*SiteTitle
SubTitle 
 
 
                                                  MainVisual
 
 

-Your Name 
-'''Keywords:・・・・・・'''
-https://sites.google.com/view/xxxxxxxxx

~

**SiteDesign
***SiteMap
  
  
~

***WireFrame
  
  
~
~

**MyFavorites
&color(red){'''分類整理の仕方を修正した場合は、新しいものが上になるように、各バージョンを掲載して下さい。'''};
~
***Ver.2
  
  
~

***Ver.1
  
  
~
~
~