「日下恵輔」の版間の差分

提供: OpenSquareJP
Jump to navigation Jump to search
(レコードとCDの違い)
(フィルムカメラとデジタルカメラの違い)
 
(同じ利用者による、間の3版が非表示)
3行目: 3行目:
 
==第10回 画像・音声の入力と記録|2020.07.01==
 
==第10回 画像・音声の入力と記録|2020.07.01==
 
===フィルムカメラとデジタルカメラの違い===
 
===フィルムカメラとデジタルカメラの違い===
* ◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
+
* フィルムカメラは費用が掛かる、フィルムカメラは現像しないと見れない。
* ◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
+
* デジカメで撮った写真は後から編集できる。
 
<br>
 
<br>
 +
 
===レコードとCDの違い===
 
===レコードとCDの違い===
*
+
*大きさ、音質の違い。
* ◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
 
 
<br>
 
<br>
 
<br>
 
<br>

2020年7月1日 (水) 18:08時点における最新版

こんにちわ

第10回 画像・音声の入力と記録|2020.07.01

フィルムカメラとデジタルカメラの違い

  • フィルムカメラは費用が掛かる、フィルムカメラは現像しないと見れない。
  • デジカメで撮った写真は後から編集できる。


レコードとCDの違い

  • 大きさ、音質の違い。



第9回 脳科学と人工知能|2020.06.24

機械と人間の違い

  • 時間関係なしにぶっ通しで作業できる、情報処理能力が違う。
  • 自我があるかないか、情報の保存ができるかできないか。


アーティスト・デザイナーの仕事を奪うAIの事例



第8回 認知心理学+|2020.06.17

文脈効果の事例

  • スーパーのチラシ。


私の不思議体験

寝ている自分を見たことがある。

第7回 聴覚の心理|2020.06.10

心理的に快適な「音」環境とは


音に関する「錯覚」の事例



第6回 視覚の心理(続)|2020.06.03

錯視(錯覚)の事例


立体視の事例



第5回 視覚の心理1|2020.05.27

心理的に快適な視覚環境とは


もしも私が透明人間だったら

鏡越しの自分の映らない世界を見てみたい、人の前で物を持ち ポルターガイストが起きたように見せたい。

第4回 HomoSapiens|2020.05.20

現代人と初期人類との違い

ガラスを使う、機械を使う、言語を使う。

ヒトとチンパンジーの違い

人には天敵がいない。

第3回 |2020.05.13

人はなぜ絵を描くのか

物の観察力を養う為、 自分のイメージや理想を視覚情報として取り入れる為、 娯楽として楽しむ為。

人はなぜ歌うのか

娯楽として楽しむ為。

第2回 比較する(わかる ≡ 分ける)|2020.04.29

映像と音楽

映像は現実での動きがあるが音楽にはない。

光と音

光には色があるが音には色がない。

空間と時間

空間はその場にあるものに干渉しない限り変わらないが時間は刻々進んでいくので変わる。



第1回 視覚情報・聴覚情報|2020.04.22

視覚情報

絵画、風景、 パッケージ、Webサイト。

聴覚情報

電話、音楽、防犯ブザー、 ASMR。

視聴覚情報

映画、テレビ広告。