紀野はるか

提供: OpenSquareJP
2020年6月28日 (日) 15:06時点におけるMember (トーク | 投稿記録)による版
Jump to navigation Jump to search

2000年生まれのおひつじ座。キノです。

  • タルゴナコーヒー作りに2回失敗しました
  • 最近のおうち時間は忍たま乱太郎をひたすら観ています
  • 自粛期間を使って韓国語のお勉強中…🙋


第9回 脳科学と人工知能|2020.06.24

機械と人間の違い

  • 現段階では、機械は命令や組み込まれた指示のみを行うようになっている。ので、機械が0から新しいものを生み出すことは困難である。
  • 人間には想像力という人間にしかないものを持っており、0から新しいものを生み出し創造、発明することに長けている。


アーティスト・デザイナーの仕事を奪うAIの事例



第8回 認知心理学+|2020.06.17

文脈効果の事例

  • TDLなどテーマパーク内の飲食物

 →普段なら数倍高いものも、夢の国という特別感から利用してしまう。

  • 北海道の大自然で育ったじゃがいも〈キャッチコピー〉

 →北海道の大自然といわれるだけで美味しそう

私の不思議体験

  • 未来予知について

 未来予知の能力が人間に備わっているとは思いませんが、アレ?このシーン夢で見たことがある…
 という予知夢みたいな体験を何回もしています。いわゆるデジャビュというやつです。
 [デジャブはなぜ見るのか]  このサイトや色々な報告結果を調べてみると、勘違い思い違いが原因だそうです。



第7回 聴覚の心理|2020.06.10

心理的に快適な「音」環境とは

人間は心拍音・心拍数のリズムでリラックス効果が得られるという研究結果がある。 【男性平均は60~70BPM、女性平均は65~75BPM】
60~70BPMの曲を聴くことで快適な環境を作れる
ファイル:///Users/student/Downloads/九保大 研究紀要2016 89-96 原修一.pdf 九保大 研究記録

音に関する「錯覚」の事例



第6回 視覚の心理(続)|2020.06.03

錯視(錯覚)の事例


立体視の事例



第5回 視覚の心理1|2020.05.27

心理的に快適な視覚環境とは

  • 壁や床が白いと、広々とした空間に感じられる
  • 青や緑は心を落ち浮かせる


もしも私が透明人間だったら

  • 動物園の折の中にはいってみる



第4回 HomoSapiens|2020.05.20

現代人と初期人類との違い

  • 現代人はモノを使う・初期人類はモノをつくる
  • 現代人はどのように生きるか、初期人類はどうやって生きるか


ヒトとチンパンジーの違い

  • ヒトは言語やイメージに(コメンテーターの言葉・小説など)対して賛成、反対の意見を持てる。

 チンパンジーは行動(餌を横取りする・仲間を傷つける)に対して、仲間意識や対抗をする。

第3回 絵画と音楽の起源|2020.05.13

人はなぜ絵を描くのか

  • 言葉がなかった時代、絵を使って意思を伝えあっていた。

 →伝えたいもの、コト、があるならば人は絵を描く。

  • ラスコー洞窟壁画のように何かを伝え残すため…?

 →言語は限界がある。絵に国境はない。


人はなぜ歌うのか

  • 表現の延長線上。
  • イントネーションさえ歌なのでは…?



第2回 比較する(わかる ≡ 分ける)|2020.04.29

映像と音楽

  • 映像は自ら視覚に入れないと認識できないが、音楽は意識しなくても認識できる。
  • 映像は音楽がなくても理解することが出来る、音楽は映像がなくても理解することが出来る。


光と音

  • は視覚のみで認識できる。は聴覚のみで認識できる。
  • は反射することで視覚となるが、は音の広がりで聴覚によって認識する。


空間と時間

  • 空間は新しく造ることが出来るが、時間は24時間として既に決まっている。
  • 空間は国境関係なくその空間として存在するが、時間または時間の概念は国によって異なる。



第1回 視覚情報・聴覚情報|2020.04.22

視覚情報

  • 信号機
  • 地図
  • ポスターや雑誌
  • プロジェクションマッピング


聴覚情報

  • 信号機が青になったときの音
  • エレベーターのアナウンス《3階です》
  • 車のクラクション
  • ラジオ


視聴覚情報

  • テレビや映画
  • YouTube
  • 電車の踏切