編集ガイド

提供: OpenSquareJP
2019年9月26日 (木) 15:25時点におけるInoue.ko (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「とりあえず、この知識だけで十分・・執筆クイックガイドです。 ==新規ページ作成== *検索窓に「作成したいページ名」を入…」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
Jump to navigation Jump to search

とりあえず、この知識だけで十分・・執筆クイックガイドです。


新規ページ作成

  • 検索窓に「作成したいページ名」を入力して [ 検索 ] をクリック。
  • 以下のように表示されます。
このウィキでページ「◯◯◯◯」を新規作成しましょう。
  • ◯◯◯◯の部分をクリックすると、ページが作成されて編集画面に入ります。
MediaWiki では「検索」でページが存在しない場合に「新規作成」を促す・・という仕組みになっています。
  • メモ帳と同様です。とりあえず何か書いて「保存」をクリックしてみて下さい。
  • ページの更新をする場合は、右上の「編集」から何度でも編集可能です。

 

本文の編集について

文章段落

編集画面内での改行は画面には反映されません。連続する文章は一つの段落内に連続する文字列とみなされ、文章の幅はウインドウの幅に応じて変化します(リキッドレイアウト)。

  • 強制的に改行を行う場合は、行末に <br> タグを書いて下さい。
  • 一行の空改行で「段落区切り」の扱いになります。
  • 二行の空改行で1行分の空きができます。


見出し

見出しは、半角の [ = ]記号を連結する形で、大見出し、中見出し、小見出しを区別します。

 ==大見出し==
 ===中見出し===
 ====小見出し====
 


リスト

番号なしリスト、番号付きリスト、定義リストは以下の書式で実現します。

 * 箇条書きレベル1
 ** 箇条書きレベル2

 # 番号付きリスト レベル1
 ## 番号付きリスト レベル2

 ; 定義リスト 項目 1
 :  定義 1
 ; 定義リスト 項目 2
 :  定義 2-1
 :  定義 2-2
 


斜体・太字・文字色

斜体と太字については シングルクォーテーション ['] を用いて演出します。文字の色については、HTML の span タグとスタイル定義で実現します。

 ''斜体''
 '''太字'''
 '''''太字 & 斜体'''''
 <span style="color:red;">赤い文字列</span>
 


整形済みブロック

行頭に半角スペースがあると、整形済みプロックとみなされて、ライトグレーの背景枠が出現します。

この文章は、行頭半角スペースに続けて記載しています。


リンクの張り方

リンクには、他のサイトへジャンプする「外部リンク」と、サイト内の別ページへジャンプする「内部リンク」があります。

 外部リンク1:http://www.example.com
 外部リンク2:[ http://www.example.com (リンク文字)]
 
 内部リンク1:[ [(サイト内のページ名)] ]
 内部リンク2:[ [(サイト内のページ名)|(リンク文字)] ]  ※画面には「リンク文字」が表示されます。 


脚注

脚注を付けたい語句の後に、以下のように ref コードを記述します。

 <ref>九大太郎, 2019, デザイン学研究 Vol.10, p.56, 日本デザイン学会</ref>
 <ref>九大花子公式サイト, blog.html,  2019年7月20日閲覧</ref>

脚注を表示する場所(一般に「==脚注==」の下)に、以下のコードを記述します。

 <references />



表組み

 {|
 ! NAME
 ! 項目A
 ! 項目B
 |-
 | Alice
 | 25
 | true
 |-
 | Steve
 | 30
 | false
 |} 

  • {| 表の開始、必須
  • |- 表の行、最初の行については省略可能。
  •  ! 表のヘッダーセル、省略可能。
  • | 表のデータセル、省略可能。
  • |} 表の終了、必須


表示例

NAME 項目A 項目B
Alice 25 true
Steve 30 false



画像の掲載について

前提の確認

画像の掲載には、以下の2つの手順が必要となります。

  • 当サイトへお手元の画像をアップロードする。
  • 画像を掲載するコードをページ内の掲載位置に記載する。


画像のアップロードについて

  • 画像のアップロードは、左メニュー「ツール」の「ファイルをアップロード」 から行います。
  • 画像は「半角英数名.拡張子」という名称形式でご用意下さい。
画像の名称は、サイト内でユニーク(唯一の存在)であることが必要です。
  • 画像は必要最小限にリサイズしてからアップロードして下さい。
以下のサイトを使うと簡単にリサイズできます(幅を 640 などとして変換して下さい)。
Bulk Resize Photos:https://bulkresizephotos.com/


画像を掲載するコード

最もシンプルな記述は、ファイル名と掲載サイズのみを指定する以下の形です。
 [[File:SampleImage01.jpg|200px]]
 

サイズは、幅のみを px 単位で指定すれば、縦は自動的に調整されます。


left または right オプションを記入すると、その下の原稿が画像の左右に回り込みます。
 [[File:SampleImage01.jpg|right|200px]]
 


必要以上の回り込みを解除するには、文章の末尾に、以下のいずれかのコードを記載します。
 {{clear}} ・・・・・ 当サイトのテンプレート
 
 <br clear=all> ・・・・ HTMLの直接記述
 


キャプションをつけるには、以下のように、thumb(サムネール)オプションとともに、キャプション文字列を記載します。
 [[File:SampleImage01.jpg|thumb|right|200px|図1.◯◯◯◯]]
 


以下、全体を網羅したサンプルです。
 [[File:SampleImage01.jpg|thumb|right|200px|図1.◯◯◯◯]] 
  
 Lorem Ipsum is simply dummy・・・
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 remaining essentially unchanged.
 
 {{clear}} 
 
図1.◯◯◯◯

Lorem Ipsum is simply dummy text of the printing and typesetting industry. Lorem Ipsum has been the industry's standard dummy text ever since the 1500s, when an unknown printer took a galley of type and scrambled it to make a type specimen book. It has survived not only five centuries, but also the leap into electronic typesetting, remaining essentially unchanged.




動画の掲載について

前提の確認

  • MediaWiki自体は動画のアップも可能ですが、当サイトでは動画のアップロードはご遠慮下さい。
  • 動画の掲載を希望される場合は、YouTube等の動画共有サイトへアップロードした後、ページ内に以下のような埋め込みコードを記載して下さい。


動画の埋め込みコード

 書式:{{ #ev:サービス名 | 動画のID | 幅(px) }}
 
 事例:{{#ev:youtube|Us-TVg40ExM|480}}

  • 上のように3つの情報を定義記載すると、YouTube等の動画の埋め込みが可能です。
動画のIDとは、YouTubeの場合、動画のURLの v= の後の文字列がそれに該当します。
YouTube以外のサービスも利用できます。サービス名の詳細については こちらの記事をご覧下さい。

表示例





記法の詳細(公式ガイド)