「谷口峻太朗」の版間の差分

提供: OpenSquareJP
Jump to navigation Jump to search
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
69行目: 69行目:
 
◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯、
 
◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯、
 
◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
 
◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
 +
<br>
 +
<br>
 +
==第6回 視覚の心理(続)|2020.06.03==
 +
===錯視(錯覚)の事例===
 +
* ◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯の事例
 +
** https://www.xxxxxx.com
 +
** https://www.xxxxxxxxx.com
 +
* ◯◯◯◯◯◯◯◯◯の事例
 +
** https://www.xxxx.com
 +
<br>
 +
===立体視の事例===
 +
* ◯◯◯◯◯◯◯◯◯の事例
 +
** https://www.xxxxxxxxxx.com
 +
<br>
 +
<br>
 +
==第7回 聴覚の心理|2020.06.10==
 +
===心理的に快適な「音」環境とは===
 +
◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯、
 +
◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
 +
<br>
 +
===音に関する「錯覚」の事例===
 +
* ◯◯◯◯◯◯◯◯◯の事例
 +
** https://www.example.com
 +
<br>
 +
<br>
 +
 +
==第8回 認知心理学+|2020.06.17==
 +
===文脈効果の事例===
 +
* ◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
 +
* ◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
 +
<br>
 +
===私の不思議体験===
 +
◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯、
 +
◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
 +
<br>
 +
<br>
 +
 +
==第9回 脳科学と人工知能|2020.06.24==
 +
===機械と人間の違い===
 +
* ◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
 +
* ◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
 +
<br>
 +
===アーティスト・デザイナーの仕事を奪うAIの事例===
 +
* ◯◯◯◯◯◯◯◯◯の事例
 +
** https://www.example.com
 +
* ◯◯◯◯◯◯◯◯◯の事例
 +
** https://www.example.com
 +
<br>
 +
<br>
 +
==第10回 画像・音声の入力と記録|2020.07.01==
 +
===フィルムカメラとデジタルカメラの違い===
 +
* ◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
 +
* ◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
 +
<br>
 +
===レコードとCDの違い===
 +
* ◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
 +
* ◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
 
<br>
 
<br>
 
<br>
 
<br>

2020年7月1日 (水) 15:27時点における版

おしょんこんポンポン Duh おしょんこんポンポン

第1回 視覚情報・聴覚情報|2020.04.22

視覚情報

りんご🍎 (色彩のモチーフとして使われがち) 

聴覚情報

ゴリラ🦍 (胸叩く行為=ドラミングする事で有名なゴリラ 特徴的なその音と鳴き声は誰しも一度は聞いたことがあるだろう)

視聴覚情報

ラッパ🎺 (金属造形物としても洗礼されたデザインを持ち金管楽器の総称と高い聴覚情報を、与えている)



第2回 比較する(わかる ≡ 分ける)|2020.04.29

映像と音楽

映像とは、比較的新しい言葉で同義の「イメージ」まで幅を広げると不可視情報を可視情報にしたものや夢や想像まで意味を広げられる「視覚情報」の一形態として考えられる。 音楽とは、 「芸術」を「情報のありかたのひとつ」として位置づけると、「音による芸術」としての音楽は、聴覚に訴える「情報」すなわち「聴覚情報」の一形態であり、生成・処理・伝達・記録の対象として考えることができる。

光と音

光は空間的な配列が情報であり、処理形態は一括処理的。 音は時間軸を基軸とした配列が情報であり、処理形態は一括的ではなく、その都度処理しなければならない。

空間と時間

空間 時間



第3回 絵画と音楽の起源|2020.05.13

人はなぜ絵を描くのか

イメージの実像化することにより代理物としての価値を高める為。

人はなぜ歌うのか

その人自身の内外にある音や声を、自己の中に留めず、様々な様相を持って表現する為。



第4回 HomoSapiens|2020.05.20

現代人と初期人類との違い

◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯、 ◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。

ヒトとチンパンジーの違い

◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯、 ◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。

第5回 視覚の心理1|2020.05.27

心理的に快適な視覚環境とは

◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯、 ◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。

もしも私が透明人間だったら

◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯、 ◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。

第6回 視覚の心理(続)|2020.06.03

錯視(錯覚)の事例


立体視の事例



第7回 聴覚の心理|2020.06.10

心理的に快適な「音」環境とは

◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯、 ◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。

音に関する「錯覚」の事例



第8回 認知心理学+|2020.06.17

文脈効果の事例

  • ◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
  • ◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。


私の不思議体験

◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯、 ◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。

第9回 脳科学と人工知能|2020.06.24

機械と人間の違い

  • ◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
  • ◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。


アーティスト・デザイナーの仕事を奪うAIの事例



第10回 画像・音声の入力と記録|2020.07.01

フィルムカメラとデジタルカメラの違い

  • ◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
  • ◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。


レコードとCDの違い

  • ◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
  • ◯◯◯◯◯◯◯◯◯、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。