LogoMark.png

増丸竣太/情報デザイン研究I

カフェ x モーショングラフィックス

カフェの紹介にモーショングラフィックスを取り入れる

01.jpg

プロジェクトの概要

これは何? (プロジェクトの説明を簡潔に)

自分が訪れたカフェをモーショングラフィックを組み合わせて紹介する動画

目的・主旨(何のために)

Vlog風ではなく映像作品としての側面を持たせてみたい

ターゲット(誰のために)

カフェの好きな人、モーショングラフィックが好きな人

制作物(最終的に何ができるか具体的に)

動画3点

プロジェクトで使用するツール

aviutl

Instagram

プロジェクト管理

スケジュール

ToDo




発表


1 背景

私は元々コーヒーが好きというのもあり、カフェに行くのが好きだ。コーヒーの匂いが立ち籠めるところや、それぞれの店舗で独特の雰囲気を持つところが特に気に入っている。最近はインスタグラムの流行もあって所謂「映え」を意識した商品も増えてきており、単純に写真映えするので写真を撮るのも楽しい。
作品を制作し始めた当時は新型コロナウイルスの影響もあって外出が憚れる状況にあったため、行きたくても行けないという状況が続いた。ならば振り返りも兼ねて今まで訪れたカフェをピックアップして作品に応用できないかと考えた。

2 目的・調査

動画作品で制作したいというのは決まっていた。特にモーショングラフィックを用いたものにしたかった。カフェの動画と言うとVlogのイメージが強く、事実YouTubeなどを見ても殆どがVlogだった。だが、動画を見てみると、テロップなどが効果音と共に出てくる形式のものが大半で、意外にもモーショングラフィックのようにしっかりと図形などを動かす動画はあまりなかった。少ないのならば挑戦してみてもいいのではないかと思い、カフェとモーショングラフィックを用いた作品の制作が決まった。

3 制作 / 完成品

全体的に統一性のあるデザインにした。写真の縁の四方の図形や色など、細かい部分の差異はあるが同じ作品群であるという印象を優先した。カフェを撮影した動画ではなく、写真を使用しているが、今後増えた場合に後から編集しやすいようにという点と、インスタグラムの写真サイズに設定しているため「こういった写真が撮影できる」という一例紹介のようなものを想定したものになる。

4 まとめ

モーショングラフィックの部分を共通させることにより、統一性と生産の効率化が生まれた。一つを作るまでにかなり時間を要してしまったが、良いものができたのではないかと思っている。後期ではこれらをまとめたwebページを制作したいと考えている。


進捗・記録


2020.07.01



2020.06.24



2020.06.03

2020.05.28


2020.05.13


2020.05.13

2020.05.06

2020.04.29


PAGES

GUIDE

添付ファイル: file01.jpg 8件 [詳細]
Last-modified: 2020-07-16 (木) 12:20:51