LogoMark.png

上原一成/卒業研究Ⅰプレゼン

Live Room

Live配信で空き状況を確認できる予約システム



学科サイトヘッダー.png


Overview

Introduction / What is This

Live配信で空き状況を確認できる予約システム



背景・目的

 近年デジタル化が進む中で、世の中をより便利にするシステムが増えてきている。しかし、便利になったとはいえいまだに不便であったり、そもそもデジタル化の進んでいない地域なども数多く存在している。そのため、分かり易さを意識したシステムがあればデジタルに不慣れな人でも使いやすいのではないかと考えた。なかでも、今回は身近なシステムである予約システムにフォーカスを当て制作しようと考えた。



調査

 調査した予約システムでは、リアルタイムで予約管理できるものであったり、Webサイトからの予約受付のほか、電話受付も予約管理システムで管理可能なもの、予約管理システムを活用することで、顧客情報が自動でデータ化されるものなどが多く見受けられた。また、予約システムにも種類があり、時間枠で予約していくタイプ、担当者、開始時間、定員数が異なる複数プログラムを対象とする複雑なコマ割りを、時間割として予約していくタイプ、日にち単位で予約していく予約管理システム、イベントやセミナーなどの場合に、カレンダー形式で予約していくタイプなどがあった。



制作

(1) 試作
 予約システムと大雑把にいってもリアリティがないため、より具体性を出すため試作として17号館5階の教室の空き状況の管理をシステム化することを試みた。
http://classsystem.herokuapp.com/


改善点
 試作をしてみた結果、部屋の状況が詳細にわからないためカメラを用いてLive配信をして部屋の状況をリアルタイムで確認できる機能を追加しようと考えた。また、ログインしなくても一部サービスを利用できるようにすることでより気軽にサービスを使ってもらえるようにする。


(2) コンセプト
 従来の予約システムでは店内または部屋の状況が明確に確認できないものが多いため、Live配信で空き状況を確認・共有できる機能を追加しより分かりやすく使いやすいシステムを目指す。また、シンプルなデザインにし、予約までのプロセスを簡単にすることでシステムの利便性を向上させることを心がける。


(3) ロゴ
 この予約システムでは、Live配信を用いてリアルタイムで空き状況を確認できることを強みとしていこうと考えているため、リアルタイム感をアピールできるロゴを作成した。また、フォントにはDINを用いてシンプルな印象にし、わかりやすいデザインにした。

logo.png

(4) Web
 Live配信ツールにYoutubeを使う予定のためYoutubeのイメージを崩さないデザインを意識した。また、PC版のサイトではスクロールしなくてもいいようにファーストビューで収まるデザインにした

SiteDesign.png




まとめ

 試作の予約システムでは、部屋の状況が分かりづらいため、後期ではLive配信を用いて空き状況がリアルタイムでわかる機能を追加しようと考えている。Live配信ツールにはYoutubeを用いる予定でサイト内にLive配信動画を埋め込めることも確認できた。ログイン機能・入室者管理機能の動作確認はできたが、予約の機能については未だ未確定のところが多いので後期の授業に向けて深掘りしていこうと思う。また、作成したサービスを数人に使ってもらい、使いづらいところがあれば適宜修正しサービスの質を向上させて行く予定である。



PAGES

GUIDE

添付ファイル: file学科サイトヘッダー.png 11件 [詳細] fileSiteDesign.png 13件 [詳細] filelogo.png 13件 [詳細]
Last-modified: 2021-07-28 (水) 00:30:54