LogoMark.png

久保絢菜/IdeaNote

久保絢菜 | IdeaNote

Social Design 2021

ソーシャルデザイン概論|2021.05.10

1、私が考える「ソーシャルデザイン」とは〈人のためになるデザイン〉です。
心を安らげる、喜ばれる、伝えることができる、感動を与えられるデザインを人のために作ること、そのデザインを通して、「持続可能な社会」を築くこと、この2つの事ができるのが、「ソーシャルデザイン」だと思います。


2、ソーシャルデザインの事例

①これは、伊藤先生が行ったプロジェクトで、とても暑く、「8/25大濠公園に集合!!」という斬新な告知だったのにも関わらず、沢山の人が大濠公園を訪れて、飲酒運転ゼロのプロジェクトを多くの人に伝えることができた素晴らしいプロジェクトだと思いました。
https://www.google.co.jp/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.pressnet.or.jp%2Fadarc%2Fex%2Fex.html%3Fa1047&psig=AOvVaw0OkAyMMLdsLf0R92UZntOJ&ust=1620703211722000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCKCb0JGUvvACFQAAAAAdAAAAABAD


②2つ目は、「色覚に異常がある人に優しい信号」です
色覚に異常がある人には、オレンジと、赤の違いが分かりにくい為、
この信号は、色覚に異常がある人には、赤信号が光ると「×」印がはっきり見えると言うもので、調べると、この信号をデザインしたのが九州産業大学の先生だったということにもびっくりしました。
https://www.g-mark.org/award/describe/37952


③3つ目は、「これが最後の顔になるかも」です
これは、フランスで行われた交通安全キャンペーンです
キャッチコピーや日常の何気ないところにすっと入り込んだキャンペーンで、とても効果があるなと思いました。
https://tabi-labo.com/281363/serviceplan-france



ソーシャルデザイン概論|2021.05.17

人間と他の生物との違い

私の「情報源」

ソーシャルデザイン演習|2020.06.03

1. リアル図書館の存在価値

2. バーチャル図書館のアイデア




PAGES

GUIDE

Last-modified: 2021-06-03 (木) 14:00:44