LogoMark.png

山川滉生/情報デザイン研究II

IMG_0054.JPG

実写合成


概要

これは何?

実写映像に海の生物合成した映像

背景と目的

InstagramやTikTok、YouTube shorts といったスマホ向けのSNSに合わせた縦画面のCMやPVが増えてきています。SNS向けの縦画面の方が多くの人に見てもらえると思い、縦画面の映像制作をやってみようと考えました。

コンセプト

続きが気になるような映像作品

成果物の仕様

YouTube shortsとInstagram Reelsにて公開 ( 60秒程度 )

制作ツール

プロジェクトの期間

2021.09.15 - 2021.12.22

まとめ




調査

現状調査

InstagramやTikTok、YouTube shorts といったSNSに合わせた縦画面のCMやMV、PVが増えてきている。YouTube shorts においてユーザーは見たい動画を選択する必要がなく、興味のない動画はすぐにスキップされる。
実写映像にモーショングラフィックスやCGを合わせた映像作品はどんどん増えてきている。特にMVや企業のPVに使われているのをよく見かける。音を視覚化させたり、ダンスやスポーツをよりかっこよく見せたりといった拡張現実のような映像作品もあったりする。

先行事例

縦画面動画
Reol - 第六感
モーショングラフィックス動画
Rayons ft. Predawn - Waxing Moon
Night Stroll

技法・技術情報

ホログラムエフェクト
DaVinci Resolve 17 カラーグレーディング
RONIN-SC のバランス調整




プロジェクト管理

スケジュール

ToDo





進捗記録




2021.11.08


試作

魚ver.                          ※ 音はありません



2021.10.31


調査 ストーリー構成・動画構図

構成
 テーマ:カメラマン 反射するものにいる生物
 場所:建物が多いとこ
 時間:夕方から夜
 動画の尺:60秒程度
 音楽:ミステリアスな感じ
使いたい構図
・リーディングライン(奥行きのある絵)
・三分割構図
・フレーミングイン
・ドミナンスサブジェクト(何を見せたいのかはっきりさせる)

参考動画




2021.10.20


試作

魚ver.                          ※ 音はありません

2021.10.17


調査 投稿可能な動画の長さ

YouTube shorts 最大60秒
Instagram リール 最大60秒
TikTok 最大3分

2021.10.13


調査 YouTube shorts(ショート動画)について

YouTubeのショート動画とは、最大60秒までの縦型の動画を投稿・閲覧できるYouTubeの新しいサービスです。通常のYouTubeの動画と同じく「高評価ボタン」「低評価ボタン」「コメント」機能もついています。特徴としては、スマートフォン画面いっぱいに動画が表示され、スクロールすることで次の動画へとすぐに切り替わることです。 従来のYouTubeでは、ユーザーは動画のサムネイルを見て、興味のある動画をタップ・クリックし再生していました。
一方、YouTubeショート動画においてユーザーは見たい動画を選択する必要がなく、興味のない動画はすぐにスキップできます。



2021.10.06


先行事例 縦画面編集方法 調査

2021.09.29


前期の反省点

2021.09.25


スケジュール制作

2021.09.22


調査 縦画面動画

参考動画


参考サイト

縦型動画広告のメリットとは?



2021.09.15


調査 映像とWEB

参考サイト

CLASS for CLEATING MYSELF

後期の研究





PAGES

GUIDE

添付ファイル: fileIMG_0054.JPG 9件 [詳細] fileyume-min.JPG 9件 [詳細]
Last-modified: 2021-11-10 (水) 13:30:58