LogoMark.png

佐光美憂/IdeaNote のバックアップソース(No.4)

#author("2021-06-23T14:29:53+09:00","default:member","member")
*佐光 美憂  | &scale(70){IdeaNote};
''Social Design'' 2021
~





 **ソーシャルデザイン演習|2021.06.24
***1.SDGsとは
-「sustainable development goals(持続可能な開発目標)」の略称。
-2015年9月の国連サミットで採択された
-国連加盟193カ国が2016〜2030年の15年間で達成するために掲げた目標。
-17の大きな目標とそれらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されている。

***2.私が注目する目標「 [[全ての人に健康と福祉を>https://www.unicef.or.jp/kodomo/sdgs/17goals/3-health/]]」
-赤ちゃんがお腹の中にいるときや、お産の時に命を失ってしまうお母さんを、2030年までに、生まれる赤ちゃん10万人あたり70人未満まで減らす。
-全ての国で、生まれて28日以内に命を失う赤ちゃんの数を1000人あたり12人以下まで、5歳までに命を失うこどもの数を1000人あたり25人以下まで減らし、
2030年までに予防できる原因で命を失う子どもをいなくする。
-2030年までに、これまで見放されてきた伝染病をなくす。また、肝炎や汚水が原因で起こる病気の対策を進める。
-2030年までに、感染症以外の病気で人々が命を失う割合を3分の1減らす。
心の健康への対策や福祉を進める。
-
  
 
~
~ 
             
  
 
  


**ソーシャルデザイン演習|2020.06.03
***1. リアル図書館の存在価値
-液晶に表示された文字を読むより、自分でページをめくって紙に書かれた文字を読む方が理解出来る(個人的に)
-インターネットで特定の事を検索するよりも、その事についてさらに深める知識を得られる
~
***2. バーチャル図書館のアイデア
-本の内容だけでなく、本のレビューや関連作品が分かりやすく表示されるといいと思う
~
~


**ソーシャルデザイン概論|2021.05.17
***人間と他の生物との違い
-ちゃんとした衣食住がある
-火が使える
-他の生物を「飼う」という感覚で世話をする

~

***私の「情報源」
-[[Twitter>https://twitter.com]]
-[[Instagram>https://www.instagram.com/?hl=ja]]
-[[LINE NEWS>https://www.linebiz.com/jp/service/line-ads/line-news/]]
~
~
**ソーシャルデザイン概論 | 2021.05.10
***私が考える「ソーシャルデザイン」とは
-社会における問題を、デザインを使った視覚的観点から解決に結びつけること
-幅広い年代に刺さるアイデア

***ソーシャルデザインの事例紹介
-[[放課後NPOアフタースクール>https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwifxKPYp-HwAhVUfXAKHXZcCIoQFjAAegQIBRAD&url=https%3A%2F%2Fnpoafterschool.org%2Fsocial-design%2F&usg=AOvVaw0kK0v7k-S5wRlUk4CU-3z2]]
実際にソーシャルデザインという名前をつけて活動していて、ソーシャルデザインの見本のような活動をしているなと思った。

-[[手作りルームシューズブランド ami tumi>https://tekitojuku.tumblr.com]]
バングラデシュの高い縫製技術をもつ作り手に、日本の古い伝統を持つわらじ技術を直接伝え、可愛いルームシューズにリメイクするプロジェクト。
現地NGOとの協働によって、遠い異国との幸せづくりに発展させるという点で、他国とデザインによってつながるという、デザインの可能性を感じた。

-[[デザインあ展>https://www.google.co.jp/search?q=デザインあ展+site:design-ah-exhibition.jp&client=safari&channel=iphone_bm&sxsrf=ALeKk01U42CidprKOiG1QigB-iNBgxONmQ:1621822639220&sa=X&ved=2ahUKEwjslrKSoOHwAhXJb94KHc74DJQQrAN6BAgCEAg]]
元々は子ども向けの番組「デザインあ」のコンセプトを、体験の場に発展させた展覧会で、未来を担う子どもたちに「見る」「考える」「作る」ことを体験する事を目的に開催された。
中でも私が気になったのが「概念の部屋」。場、時の流れ、人の動きを、私たちはデザインを通してどのように感じているかを知ることができ、デザインを通して社会を見てみる、というところに、私の考えるソーシャルデザインとかなり近いものを感じた。
~
~