LogoMark.png

増丸竣太/卒業研究I のバックアップソース(No.2)

#author("2021-04-16T14:44:30+09:00","default:member","member")
*文字で構成される世界
SubTitle ・・・・・・・・・・・・・・・・ 

  
 
             Main Visual / CurrentStatus
             プロジェクトの最新の状態を視覚的に掲載
 
   

-''Project Director''
-'''Keywords:・・, ・・・, ・・・, ・・・'''
-https://www.example.com

~


**Overview
***Introduction / What is This
文字をイメージしたパズルと、それを宣伝するメディア制作
//&color(red){これは何か・・を簡潔に};
~

***Background and Purpose
数学や数式で世界を表現できるという記事を昔見たことがあり、それは面白いなと思っていた。しかし、私は数学が大の苦手で、国語の方が好きだったというのもあり「ならば文字で世界を表現してもいいのではないか」と思い、今回の制作に至った。
文字を取り入れたパズルを制作し、それをWEBや動画で宣伝することを目的としている。
パズルを選択した理由は、多くの要素を一つに構成するという性質に今回の文字で世界を表現するというのが合っているのではないかと思ったからである。
//&color(red){プロジェクトの背景と目的};
~

***Concept
//&color(red){基本的な考え方、枠組み、視点など};
~

***Output
//&color(red){成果物の直接掲載またはリンク誘導};
//&color(red){&small(プロジェクトの途上では、試作品等、視覚的な資料を掲載・リンクして下さい。);};
//&color(red){&small(成果物の形式・サイズ・時間尺等の基本情報も記載して下さい。);};
~


***Tools
//&color(red){使用するツール|ハードウエア・ソフトウエア};
adobe Photoshop
adobe Illustrator
adobe Premiere pro
adobe After effect
~

***Term
//&color(red){プロジェクトの期間|20XX.XX.XX - 20XX.XX.XX };
~

***Conclusion / Summary 
//&color(red){プロジェクトが完結したら「まとめ」を記載して下さい。};
~
~


**Survey

***Present Status
//&color(red){現状調査、現状の問題の洗い出し};
~

***Precedent
//&color(red){先行事例の紹介、傾向分析など};
~

***Technique / Technology
//&color(red){プロジェクトの遂行に必要な技法・技術に関する調査};

~
~

**Project Management

***Schedule
//&color(red){計画的な遂行のために、進行管理表を作成してリンクして下さい。};
~

***ToDo
//&color(red){やるべきこと(タスク)を箇条書きにします。};
//&color(red){完了後は「%%取り消し線%%」あるいは「// コメントアウト」」};

~
~
~

#hr
CENTER:''worklog''
//&color(red){最新の情報を一番上に記載して下さい(古い記事が下へ沈む)。};
#hr
~
~



**2021.04.16
***試作
#img(3.png)

写真を使用したパズルを制作し、そのベースとなるフレームに文字情報を入れ込む。

#img(2.png)

パズルは基本的に完成図がパッケージや説明書なりに載っているが、今回考えているものは完成図を載せず、フレームに書いてある文字情報を頼りに完成を目指すというものを想定している。
~
~


~