LogoMark.png

川村晋太郎/情報デザイン研究II のバックアップソース(No.4)

#author("2021-10-06T14:41:21+09:00;2021-09-29T05:22:41+09:00","default:member","member")
*Pixel Renaissance
ドット絵を使った表現方法の研究

  
 
             メインビジュアル、あるいは
             プロジェクトの最新の状態を視覚的に掲載
 
   

-''川村晋太郎''
-'''Keywords:・・, ・・・, ・・・, ・・・'''
-https://www.example.com

~


**概要
***これは何?
//&color(red){これは何か・・を簡潔に};
~

***背景と目的
//&color(red){プロジェクトの背景と目的};
~

***コンセプト
//&color(red){基本的な考え方、枠組み、視点など};
~

***成果物の仕様
//&color(red){&small(成果物の形式・サイズ・時間尺等);};
~

***メンバー
//&color(red){共同プロジェクトの場合のみ|メンバーと役割分担を明記};
~

***制作ツール
//&color(red){使用するツール|ハードウエア・ソフトウエア};
~

***プロジェクトの期間
//&color(red){プロジェクトの期間|20XX.XX.XX - 20XX.XX.XX };
~

***まとめ
//&color(red){プロジェクトが完結したら「まとめ」を記載して下さい。};
~
~


**調査

***現状調査
//&color(red){プロジェクトのテーマに関わる社会の現状と問題の洗い出し};
~

***先行事例
//&color(red){プロジェクトのテーマに該当する先行事例の紹介、傾向分析など};
~

***技法・技術情報
//&color(red){プロジェクトの遂行に必要な技法・技術に関する調査};

~
~

**プロジェクト管理

***スケジュール
//&color(red){計画的な遂行のために、進行管理表を作成してリンクして下さい。};
~

***ToDo
//&color(red){やるべきこと(タスク)を箇条書きにします。};
//&color(red){完了後は「%%取り消し線%%」あるいは「// コメントアウト」」};


//***NotToDo
//&color(red){やらないこと:何をするかではなく「何をしないか」を考える};
//&color(red){例:10人以上の会議には出ない。苦手なことは誰かに頼む・・};

~
~

#hr
CENTER:''進捗記録''
//&color(red){最新の情報を一番上に記載して下さい(古い記事が下へ沈む)。};
#hr
~
~



**2021.09.22
-映像
「関ケ原山水図屏風」をドット絵でアニメ化した作品。

#youtube(cW4EQePf2Iw)
画面に顔を近づけて、隅々まで見渡したくなるような最密度。
近すぎず、遠すぎない距離で、ある程度画面の様子が分かるのは、ドット絵で省略された適度な解像度のお陰ではなかろうか。
~
-3DCG
#youtube(pslJg8vpeHo)
3Dモデルの解像度を落とし、ドット絵風に見せた映像。
~
~

**2021.09.15

***テーマ
ドット絵の可能性を探ること
//私が思うドット絵の魅力とは、密度と省略だと思う。

~
***ドット絵の表現を活かせそうな媒体
-アニメーション
-モーショングラフィック
-3DCG
***ドット絵に向いていない媒体
-文字
漢字などの細かな文字をピクセルに変換してしまうと、文字が潰れて読みづらくなる恐れがある。
-UIデザインなど

~
~
~

~