LogoMark.png

林花野/卒業研究I/プレゼン のバックアップ差分(No.3)


#author("2021-07-28T10:58:21+09:00","default:member","member")
#author("2021-07-28T11:10:10+09:00","default:inoue.ko","inoue.ko")
*猫日和
猫の写真を載せるサイト
~
~
#image(main.jpg)
~


**目的・背景
飼い猫・野良猫といった「猫」という生き物は私たち人間にとって身近な生き物である。しかし、身近である「猫」というものはどのような表情・行動をしているのかあまりじっくり見ることはない。
猫の魅力が引き出せるように写真を通して発信し、身近な生き物である猫の生態について伝えていきたい。
~
**調査
猫の飼育数は増えており、現在では犬の飼育数を超えていた。理由として犬よりも猫の方が散歩に行かなくていいなど飼いやすいという理由だった。
猫の写真をとっている写真家は大勢いる。猫写真家のブログや写真集を拝見し、どのような写真をとっているのか調査した。それぞれの写真の撮り方は違うが、一貫して猫目線の写真が多く、出来るだけ明るいところで猫が主役になるように撮られている。ブログなどで猫の写真を載せている人はたくさん見られた。しかし、たくさんの種類の猫を撮って載せている人は猫の写真家ぐらいだった。それに一般の人のブログなどは写真の説明があったが、写真家には説明がなかった。

~
**制作物
-コンセプト
気軽に見れるWebサイト
猫の魅力を伝えたい

WordPressを使い、Webサイト(ブログ)方式で写真を投稿。
猫の写真一枚一枚にどのような状況だったのかの説明を加える。
まず初めに猫の顔のアップの写真を使ってインパクトを与える。
猫の写真の投稿は出来るだけ同じ猫の写真を続けてではなく、違う猫の写真を投稿するようにして飽きを感じさせないようにする。
猫の写真を載せるだけではなく、まず猫というのはどのようなものか簡単な内容から複雑なことまでを表記する。
~
#image(猫アップ.jpg)
~
~

[[Webサイト>http://pippihina.wp.xdomain.jp/]]
~
~


まとめ
前期では写真の撮り方を調べ、出来るだけ多くの猫の写真を撮影した。Web サイトも作成し、何枚か写真を投稿した。しかし、猫の写真がまだ足りなく、写真を撮る技術もまだまだであるため、これからもたくさんの写真を撮り、どのようにすれば猫の魅力を引き出すことができるのか研究していきたい。
Webサイトも猫の写真だけではなく、猫というのはどのようなものか研究し、表記していきたい。