LogoMark.png

村山愛依/IdeaNote の変更点


#author("2021-06-24T13:09:21+09:00","default:member","member")
#author("2021-06-24T13:11:00+09:00","default:member","member")
*村山 愛依  | &scale(70){IdeaNote};
''Social Design'' 2021
~
~
**ソーシャルデザイン演習|2021.06.24           
~
#image(Files/SDGs_11.png , , 20% )
***現状の問題
-2050年には都市部で暮らす人の割合は、約70%まで増加すると予想されている→交通渋滞、住宅不足、排気ガスによる大気汚染
-過去40年にわたって、人びとが避難や移住をしなければならなくなるような自然災害の発生件数が大きく増えている。
~
 11-1 2030年までに、すべての人が、住むのに十分で安全な家に、安い値段で住むこと ができ、基本的なサービスが使えるようにし、都市の貧しい人びとが住む地域(スラム)の状況をよくする。
 11-2 2030年までに、女性や子ども、障害のある人、お年寄りなど、弱い立場にある人びとが必要としていることを特によく考え、公共の交通手段を広げるなどして、すべての人が、安い値段で、安全に、持続可能な交通手段を使えるようにする。
 11-3 2030年までに、だれも取り残さない持続可能なまちづくりをすすめる。すべての国で、だれもが参加できる形で持続可能なまちづくりを計画し実行できるような能力を高める。
 11-4 世界の文化遺産や自然遺産を保護し、保っていくための努力を強化する。
 11-5 2030年までに、貧しい人びとや、特に弱い立場にある人びとを守ることを特に考えて、水害などの災害によって命を失う人や被害を受ける人の数を大きく減らす。世界の国内総生産(GDP)に対して災害が直接もたらす経済的な損害を大きく減らす。
 11-6 2030年までに、大気の質やごみの処理などに特に注意をはらうなどして、都市に住む人(一人当たり)が環境に与える影響を減らす。
 11-7 2030年までに、特に女性や子ども、お年寄りや障がいのある人などをふくめて、だれもが、安全で使いやすい緑地や公共の場所を使えるようにする。
 11-a 国や地域の開発の計画を強化して、都市部とそのまわりの地域と農村部とが、経済的、社会的、環境的にうまくつながりあうことを支援する。
 11-b 2020年までに、だれも取り残さず、資源を効率的に使い、気候変動への対策や災害への備えをすすめる総合的な政策や計画をつくり、実施する都市やまちの数を大きく増やす。「仙台防災枠組2015-2030」にしたがって、あらゆるレベルで災害のリスクの管理について定め、実施する。
 11-c お金や技術の支援などによって、もっとも開発の遅れている国ぐにで、その国にある資材を使って、持続可能で災害にも強い建物をつくることを支援する。

全ての人が住みやすい環境づくり、災害があっても被害を最小限に抑えた復旧が可能な、自然災害に強いまちづくりが必要である。
***アクション
-人と人との繋がりを大切にする。(地域活動に参加など)
-社会的に弱い立場にある人に配慮した公共の場での行動。
-ポイ捨てなどの公共の場を汚すような行動をしない。
***アイデア
-インフラ整備
-廃棄物の削減
-スラムの改善(安価なアクセスを設けるなど)

~
**ソーシャルデザイン概論|2021.06.03
***1. リアル図書館の存在価値
-実際に本を手に取って読むことができる。
-昔の貴重な本なども実際に読むことができる。
-静かな空間で本を読んだり作業したりできる。
~
***2. バーチャル図書館のアイデア
読んだ本と同じような本をおすすめに出す
~
~

**ソーシャルデザイン概論|2021.05.17
***人間と他の生物との違い
人間は言葉を使って自分の意思を伝え、理性を持ち、相手の気持ちを汲み取ることができる。物を作り、他者と共有しながらそれを使うことができる。
~

***私の「情報源」
-[[twitter>https://twitter.com/]]
-[[instagram>https://www.google.com/]]
-[[YouTube>https://www.google.com/]]
~
~
**ソーシャルデザイン概論|2021.05.10
***私が考える「ソーシャルデザイン」とは
世の中の大きなものから小さなものまで、様々な問題を見つけて解決し、より生活しやすい社会を作ろうするもの。
~

***ソーシャルデザインの事例紹介
-[[サステナブルな社会へ>https://www.benesse.co.jp/brand/]]
簡単なコメント(選定の理由)
世の中の出産育児の問題の現状や、ケアサービスの向上など、様々な社会問題を取り上げ、より良くしようとする記事を読むことができる。
-[[伝わるデザイン>https://www.benesse.co.jp/brand/]]
簡単なコメント(選定の理由)
分かりやすく見やすいデザインを作ることはソーシャルデザインには欠かせないことであると考えるから。
-[[ボランティア>https://www.asaka-shakyo.or.jp/]]
簡単なコメント(選定の理由)
誰もが過ごしやすい環境を自ら進んでつくることがソーシャルデザインだと考えるから。
~
~