LogoMark.png

GitHubPages の変更点


#author("2021-04-13T19:52:35+09:00","default:inoue.ko","inoue.ko")
#author("2021-04-13T19:58:26+09:00","default:inoue.ko","inoue.ko")
*GitHub Pages
https://pages.github.com/
~

#image(GitHubPages04.png,right,30%)
一般にWebページを公開する際は、サーバーをレンタルするなどして、[[FTP]]でファイルをアップロードしますが、 [[GitHub>https://github.com/]] を利用すると、簡単に Webサイトを公開することができます。ここではその方法を紹介します(要アカウント作成、無料)。

~


***CONTENTS
#contents2_1
~
~

**前提の確認
-[[GitHub]]とは、[[Git]] というバージョン管理システムを利用して、世界中の人々が自分のファイル保存、公開することができる Webサービスです。

-GitHub Pages で公開できるのは HTML+CSS+Javascript の範囲でできた''静的Webサイト''のみです。PHPで動く動的サイトは公開できません。

-GitHub の Publicプランは、ファイルのソースを全て公開することが前提です。とは言っても、もともとWebサイトを構成するファイルは、誰でもブラウザからソースを見ることができるので、その意味では特に不利益が生じるものではありません。 
~
~

**アカウントの作成
GitHub を利用するには、アカウントの取得が必要です。はじめての方は、以下の手順でアカウントを作成して下さい。
~

***はじめに
-ここから先の作業は、スマホではなくPCで行うことを推奨します。
-ここから先の一連の作業は''すべてPCのブラウザ上で行うことを推奨します''。
-アカウント作成にはGmail等のメールアドレスが必要です。アカウント作成の過程で本人確認のメールが届くので、事前にそれをブラウザで開いて確認できるようご準備ください。
-事前に''ユーザー名''を決めておいて下さい。これは最終的にあなたのリポジトリのURLに関わるので、将来に渡って使い続けられるようなものをしっかり考えて下さい(世界に一つだけの名前であることが必要です)。
~

***アカウント取得の手順
以下の一連の作業は''すべてPCのブラウザ上で行うことを推奨します''。特に確認メールにおける認証操作等でメールをスマホで受けたりすると、その後の操作で手順が混乱することがあるので、同じブラウザ上で GitHub と Webメールの両方が見えるようにして作業する方がスムーズです。

-1. 以下にアクセスしてください。
https://github.com/

-2. 画面右上の ''Sign Up'' をクリック。
> Create your account のページが表示されます。

-3. ユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力して、''Create Account'' をクリックしてください。
--ユーザー名:あなたの GitHub アカウント名です。公開するWebページのURLの一部になる重要な文字列なので、しっかり考えて定義しましょう。
--メールアドレスは認証に必要な情報です(Gmail 等がいいでしょう)。
--パスワードは GitHub アカウントにログインするためのもので、この段階で定義します(忘れないようにメモして下さい)。

-4. 利用者の経験値等を問うアンケート入力画面が表示されます(英語です)。適宜入力して下さい。

-5. 登録したメールアドレスに確認メールが届きます。''Verify''して下さい。


-6. GitHub のページ上に「あなたのメールアドレスが認証されました」と表示されて、リポジトリの作成ができる状態になります。

以後、GitHubを使う場合は、''Sign in'' をクリックして、ID,PW を入力してログインして下さい。
~

***付記:ログイン(Sign in)ログアウト(Sign out)について
-''ログイン''は、GitHubでは ''Sign in'' という用語になっています。先ほど設定したID,PW を入力してログインします(このID, PW を絶対忘れないように!)。
&color(red){''Sign up'' を使ってしまうと、新規登録の扱いになるので、注意して下さい。この勘違いで「正常ログインできない・・」という質問が多発しています。};

-''ログアウト''は、画面右上の利用者アイコンから ''Sign out'' です。

~
~


**リポジトリの作成
はじめに、GitHub上に新規のリポジトリを作ります。リポジトリとは、Webサイトやファイルセットなどを GitHub 上で管理するためのプロジェクトフォルダ・・とご理解下さい。リポジトリはいくつでも作ることができるので、その数だけサイトを作ることができます。
~

***新規リポジトリの作成
#image(GitHubPagesNew.png,right,25%)
-1. 画面右上のプラスアイコン「+」をクリックし、''New repository'' を選択。
#clear

#image(GitHubPages01.png,right,50%)
-2. ''Repository name''という入力欄にリポジトリ名を入力します。リポジトリ名は任意ですが、ここで設定した名称によって、WebサイトのURLが変わります。一般に以下のようなURLになります。
#clear
 https://(ユーザー名).github.io/(リポジトリ名)
~

-3. ''Create repository'' をクリック
以上でリポジトリ(この時点では中身は空)ができました。

~

***ファイルのアップロード
#image(GitHubPages02.png,right,30%)
-Create repository をクリックした直後、右のような画面が表示されます。


-表示された画面で ''Uploading an existing file'' をクリックすると、Drag&Drop できるスペースが表示されるので、手元の Webプロジェクトフォルダの中身を丸ごとアップします。
#clear

#image(GitHubPages03.png,right,30%)
-''Commit changes'' をクリックすることで、操作が完了します。
#clear

-以下のように、リポジトリの中が、あなたの手元のフォルダ構成と同じように見えていれば正解です。
#image(SampleSite02.jpg)
~
~

**GitHubページの公開
サイトのファイルは、アップしただけでは公開されません。以下の設定操作によって公開されます。

#image(GitHubPagesSettings.png,right,30%)
-1. リポジトリ画面の右端のタブ ''Settings'' をクリックします。
#clear
~

#image(GitHubPages05.png,right,30%)
-2. ページの下の方に ''GitHub Pages'' という項目があります。''Check it out here! '' をクリックして下さい。
~

#image(GitHubPages06.png,right,30%)
-3. ''Source'' の項目が ''None'' となっているので、これを ''main(master) '' に変更して保存(save)して下さい。
> 公開URL が表示されます。

~

-4. 自身の公開URLにアクセスしてみて下さい。
 https://(ユーザー名).github.io/html_sample_01
設定変更から公開まで数分かかることがあります。

~
~

**リポジトリの更新
ソースコードの更新には、以下の2つの方法があります。
~

***GitHub のソースエディタを使って編集
-リポジトリ上に見える該当ファイルをクリック
-''Edit(鉛筆アイコン)'' をクリックすると編集可能状態になります。
-編集終了後、''Commit changes'' をクリック
~

***ローカル環境(あなたのPC)で編集したファイルをアップして上書き
-リポジトリのページ、ファイル一覧の上の ''File Upload'' をクリック。
-手元のファイルをドラッグ&ドロップ
-アップロード完了後、''Commit changes'' をクリック
~
~

**付記
***不要なリポジトリの削除
作業の過程で、間違った名称のリポジトリを作ってしまった場合は、以下の手順で削除可能です。

-1. 削除したいリポジトリを開いて下さい。
~
#image(GitHubPagesSettings.png,right,20%)
-2. 右端のタブに ''Settings'' というのがあるので、それをクリック
#clear
~

#image(GitHubPagesDelete.jpg,right,20%)
-3. そのページの一番下に ''DangerZone'' というのがあって、そこに ''Delete This Repository'' というボタンがあります。それをクリック

-4. 削除したいリポジトリの名称の確認を求めてくるので、リポジトリ名を確認入力して「OK」して下さい。

~


***より本格的に活用するには
GitHub は本来、自分のPC内にある「ローカルリポジトリ」とGitHub上にある「リモートリポジトリ」を同期させるかたちで利用するものです。
 基本的には、手元のPCにあるローカルリポジトリ(要するに Git管理下にあるフォルダ)で作業を行い、その作業内容をリモートポジトリへプッシュする流れで更新を行います。

そこで必要になるのが、GitHubのクライアントツール(Git GUIツール)です。以下、''GitHub Desktop'' はこれを直感的に行えるツールです。

https://desktop.github.com/

詳細については、ここでは割愛いたします。以下のように検索すると、親切な解説サイトが多数ヒットします。
[[Google: GitHub Desktop 使い方]]

~
~