LogoMark.png

Characters の変更点


#author("2019-10-06T13:48:13+09:00;2019-10-06T13:39:30+09:00","default:inoue.ko","inoue.ko")
*文字
Characters (書きかけです)
~


***文字体系
-ピクトグラム 絵文字
-表語文字 漢字
-音節文字 かな
-音素文字 アルファベット
-参考:人間の用いる言語の最大の特徴は[[二重分節>Google:二重分節]]
~


***文字の歴史
-シュメール(メソポタミア)の[[楔形文字>GoogleImage:楔形文字]] 紀元前3,500年
-エジプトの[[ヒエログリフ>GoogleImage:ヒエログリフ]] 紀元前3,000年
-イランの[[エラム文字>GoogleImage:エラム文字]] 紀元前3,000年
-インドの[[インダス文字>GoogleImage:インダス文字]] 紀元前2,500年
-中国の[[漢字>GoogleImage:漢字]] 紀元前1,500年

-アルファベット(紀元前1500年頃〜)
--地中海東部の沿岸地域で発達した北セム文字が源流
楔形文字とヒエログリフを組み合わせてできたもの
[[北セム文字>GoogleImage:北セム文字]] > [[フェニキア文字>GoogleImage:フェニキア文字]] > [[ギリシャ文字>GoogleImage:ギリシャ文字]] 
※イメージ検索ではほぼ同じものがヒットするようです。

-日本の[[神代文字>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E4%BB%A3%E6%96%87%E5%AD%97]]
--[[ヲシテ文字>GoogleImage:ヲシテ]]

-仮名文字(奈良時代にめばえ、平安時代〜)
--諸説あって、成立時期がはっきりしない・・というのが実情
誰かがある時期に、計画的(政治的)に制定したものではありません
--仮名書きの有名な文は、[[古今和歌集仮名序(紀貫之)>Google:仮名序]]
~

***文字の存在意義
-記憶の外在化と蓄積・保存 > 情報のモバイル化
-情報の時間差伝達を可能に > 非同期コミュニケーション
~

***文字という情報伝達媒体の特殊性
-文字は視覚情報であると同時に聴覚情報である
目は形から言葉をとらえ、耳は音から言葉をとらえる
~

***日本の文字文化の特殊性
-ひらがな、カタカナ、漢字。3種類も使うのは日本だけ
-数が多い分、一文字が担う[[情報量>InformationTheory]]が大きい
--日本語の符号化には2バイト(2SUP{16}; = 65536)必要((現在は文字コードとして UTF-8 を使うため、実質的には一文字3バイトです。))
--アルファベットの符号化は1バイト(2SUP{8}; = 256)で十分
-2バイト文化圏ではフリーフォントに限界。大半は有料かつ高額
-文字変換の煩わしさが日本のIT化の足枷となっている
-にもかかわらず日本の[[識字率>Google:識字率]]は非常に高い(江戸時代すでに80%)
-日本語は母音中心の言語
虫の声は欧米人にはノイズでも、日本人には「声」
-日本の紙面には「縦組み」と「横組み」がある

-補足:[[やまとことば>Language#yamatokotoba]]
太古より日本人が使い続けてきた言葉。日本語の文章の中の、漢語、外来語、また「〜する」という形の動詞以外のもので、一般に「訓読み」のもの
--訓読み:音を聞いただけで意味が定まる → 歌詞、キャッチコピー
--音読み:漢熟語、同じ音でも複数の意味(じしん:自身、地震、時針・・)
~

-補足:俳句について
--世界最小の芸術 その情報量は、3B x 17 = 51B
--時間情報(季語)を必須とすることで、空間と時間を総合的に伝える
--七五調は、8beatの音楽 
|・・・・・- - -|- ・・・・・・・|・・・・・- - -|
~

***付記
-[[[バベルの塔と言語の話>Google:バベルの塔 言語]]
~
~
~