LogoMark.png

LaTeX

LaTeX

https://www.latex-project.org/

概要

LaTeX(ラテフ)は、レスリー・ランポートによって開発されたテキストベースの組版処理システムです。数式の組版性能が優れており、学術機関においては標準的な論文執筆ツールとして利用されています。

以下、2種類のモードがあります。

2次方程式 \(ax^2+bx+c=0 \quad ( a \neq 0 ) \) の解は
\[ x = \frac{-b \pm \sqrt{b^2-4ac}}{2a} \]

2次方程式 \( ax^2+bx+c=0 \quad ( a \neq 0 ) \) の解は

\[ x = \frac{-b \pm \sqrt{b^2-4ac}}{2a} \]

LaTeX の記法を用いた数式は、MathJaxというライブラリを使用することで、Webページ上にレンダリングすることができます。
当サイトでは、MathJax を介して LaTeX 記法の数式を表示させています。



表記サンプル

通常の式

一般的な数式そのまま表示されます。

ax+b = 0 
\[ ax+b = 0 \]


ベキ乗 ( ^ )

ベキ乗の表現には ^ を用います。

x^2 + y^3
\[ x^2 + y^3 \]


添字 ( _ )

添字の表現には _ を用います。

X_{n+1}
\[ X_{n+1} \]


分数 ( \frac{num}{den} )

分数の表現には \frac{分子}{分母} を用います。

\frac{y-b}{x-a}
\[ \frac{y-b}{x-a} \]


括弧 ( \left( …… \right) )

括弧には \left( …… \right) を用います。内容に対応して大きさが変わります。

\left( \frac{y-b}{x-a} \right)^2
\[ \left( \frac{y-b}{x-a} \right)^2 \]


積分記号 ( \int, \int_{min}^{max} )

積分記号 \( \( \int \) \) には \int 。 \int_{下限}^{上限} のように記述すると定積分の表現が可能です。

\int_{a}^{b}
\[ \int_{a}^{b} \]


三角関数 ( \sin, \cos, \tan )

三角関数を出力します。 単に数式中で sin(x) と書いても \( \( sin(x) \) \) となりますが、一般に数式表現では「変数のみがイタリック」です。よって以下のように記載します( \cos , \tan も同様です)。

\sin x
\[ \sin x \]


対数 (\log)

\log_{a}b
\[ \log_{a}b \]


平方根・立方根 (\sqrt)

\sqrt{x} , \sqrt[3]{x}
\( \sqrt{x} \) , \( \sqrt[3]{x} \)

総和・総乗 ( \sum, \prod )

和の記号 \( \sum \)には \sum 、積の記号 \( \prod \)には \prod を用います。 \sum_{初期値}^{上限} のように初期値と上限が書き込めます。

\sum_{i=0}^{\infty} x_i
\[ \sum_{i=0}^{\infty} x_i \]




空白

一般的なスペース(quad、qquad)

1文字分のスペースには quad、2文字分のスペースには qqad

a \quad  b \qquad c
\[ a \quad b \qquad c \]


調整可能なスペース

数値でスペースを調整します。使用できる単位は pt、pc、mm、cm など。

a \hspace{20mm} b
\[ a \hspace{20mm} b \]




数学記号

演算子他

コマンド出力読み方・意味
和、足す
差、引く
\times×積、掛ける
\div÷商、割る
\circ
\cdot
\bullet
\pm±プラスマイナス
\mpマイナスプラス
\piπ円周率


等号

コマンド出力読み方・意味
==等号、イコール
\neq不等、ノットイコール
\simニアリーイコール
\simeqニアリーイコール
\approxニアリーイコール
\fallingdotseqニアリーイコール
\risingdotseqニアリーイコール
\equiv合同


不等号

コマンド出力読み方・意味
大なり
小なり
\geq大なりイコール
\geqq大なりイコール
\leq小なりイコール
\leqq小なりイコール
\gg十分大きい
\ll十分小さい


集合

コマンド出力読み方・意味
\in
\ni
\notin
\subse
\supset
\subseteq
\supseteq
\cap
\cup
\emptyset空集合
\infty無限大




APPENDIX

PAGES

GUIDE

TOOL

DATA

Last-modified: 2021-07-30 (金) 13:38:02