LogoMark.png

p5.js/Sample

p5.js Sample

http://p5js.org/

p5.js を用いたプログラムサンプルを紹介しています。


CONTENTS





基本サンプル → DEMO

黒バックの描画領域が現れて白い正方形が右へ動きます。プロジェクトフォルダに、以下3つのファイルを投入してお試し下さい。

index.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
      <script src="p5.min.js"></script>
      <script src="script.js"></script>
      <title>Sample Site</title>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>


script.js

//外部変数
var x=0;
// 初期設定
function setup() {
  // CANVASを生成して <body> へ埋め込み
  createCanvas(640, 480);
  frameRate(60);
}
// アニメーションループ
function draw() {
  background(0); 
  rect(x, 200, 40, 40);
  x++;
  if(x>width) x=0;
}


p5.min.js

p5.js の基本ライブラリの投入が必要です。




マウスに反応するサンプル

ブラウザ上にマウスの動きの軌跡を描きます。index.html は基本サンプルと同一です(省略します)。script.js のみ、以下と置き換えてお試し下さい。

script.js

//外部変数
var cnt=0;
// 初期設定
function setup() {
  createCanvas(640, 480);
  colorMode(HSB,100);
  noStroke();
}
// アニメーションループ
function draw() {
  fill(99,10);
  rect(0,0,width,height);
  fill((cnt++)%100,50,99);
  ellipse(mouseX,mouseY,64,64);
} 




簡単なアニメーション → DEMO

ボールがウインドウの壁で反射して動きます。index.html は基本サンプルと同一です(省略します)。script.js のみ、以下と置き換えてお試し下さい。

script.js

var vx=vy=5.0;

function setup(){
  createCanvas(windowWidth, windowHeight);
  x=windowWidth/2;
  y=windowHeight/2;
  colorMode(RGB);
  frameRate(60);
}

function draw(){
  fill(0,0,0); //Black
  rect(0,0,width,height);
  x = x + vx;
  y = y + vy;
  if(x < 0 || windowWidth<x ) vx = vx * -1;
  if(y < 0 || windowHeight<y ) vy = vy * -1;
  fill(255,0,0); //Red
  ellipse(x,y,40,40);
}





X, Y 2重ループ

2重ループで平面パターンを描きます。マウスの位置が右へいくほど基本図形の半径が大きくなります。

このサンプルでは、描画エリア(CANVAS要素)を div id="container"に割り当てるとともに、ページ上でのレイアウトを CSS で制御しています。

配列変数を使った応用 → DEMO

配列変数を使って複数のボールを制御する例です。マウスのクリックで、ボールが追加されます。index.html は基本サンプルと同一です。script.js のみ、以下と置き換えてお試し下さい。

index.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
      <script src="p5.min.js"></script>
      <script src="script.js"></script>
      <title>Sample Site</title>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>


script.js

var N = 0;
var r = new Array(1000);
var c = new Array(1000);
var x = new Array(1000);
var y = new Array(1000);
var vx= new Array(1000);
var vy= new Array(1000);

function setup(){
  createCanvas(windowWidth, windowHeight);
  colorMode(HSB,100);
  noStroke();
  frameRate(60);
}

function draw(){
  fill(0,0,0,10);
  rect(0,0,width,height);
  for(i=0; i<N; i++){
    x[i] += vx[i];
    y[i] += vy[i];
    if(x[i] < 0 || x[i] > width) vx[i] *= -1;
    if(y[i] < 0 || y[i] > height) vy[i] *= -1;
    fill(c[i],50,100);
    ellipse(x[i],y[i],r[i],r[i]);
  }
}

function mousePressed() {
  if( N >= 999 ) return;
  x[N] = mouseX;
  y[N] = mouseY;
  vx[N] = random(20)-10;
  vy[N] = random(20)-10;
  r[N] = random(5,50);
  c[N] = random(100);
  N++;
}





三角関数の利用(基礎) → DEMO

以下のプログラムは、三角関数による振動現象を表現します。単純に円を描くプログラムですが、fx や fy の初期値を変えるとリサージュ図形になります。index.html は基本サンプルと同一です。script.js のみ、以下と置き換えてお試し下さい。

index.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
      <script src="p5.min.js"></script>
      <script src="script.js"></script>
      <title>Sample Site</title>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>


script.js

var th = 0.0;
var fx = 1.0;
var fy = 1.0;

function setup() {
  createCanvas(windowWidth, windowHeight);
  angleMode(DEGREES);
  frameRate(60);
  noStroke();
  fill(0,0,0);
}

function draw() {
  var A = 0.4*height;  //半径
  var x = A * cos(fx*th) + width/2;  //横振動
  var y = A * sin(fy*th) + height/2;  //縦振動
  ellipse(x,y,8,8);
  th += 2;
}


三角関数の利用(少し応用) → DEMO

上の例を応用したものです。マウスをクリックすると、その位置によって、

index.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
      <script src="p5.min.js"></script>
      <script src="script.js"></script>
      <title>Sample Site</title>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>


script.js

var th=0.0;
var c=0;
var fx0 = 1.0;
var fy0 = 1.0;
var fx1 = 1.0;
var fy1 = 1.0;

function setup() {
  createCanvas(windowWidth, windowHeight);
  colorMode(HSB,100);
  angleMode(RADIANS);
  frameRate(60);
}

function draw() {
  noStroke();
  fill(0,0,0,2);
  rect(0,0,width,height);
  var a = 0.4*height;

  x0 = a * cos(fx0*th) + width/2;
  y0 = a * sin(fy0*th) + height/2;
  x1 = a * cos(fx1*th + PI) + width/2;
  y1 = a * sin(fy1*th + PI) + height/2;
  c++;
  stroke( c%100, 100, 100 );
  line(x0,y0,x1,y1);
  ellipse(x0,y0,8,8);
  ellipse(x1,y1,20,20);
  th+=0.03;
}

function mousePressed() {
  fx1 = mouseX/width * 5;
  fy1 = mouseY/height * 5;
}




関数の利用 → DEMO

ランダムなRGB値で塗りを設定する関数を使っています。普通にJavaScriptでプログラムを書くのと同様です。index.html は基本サンプルと同一です。script.js のみ、以下と置き換えてお試し下さい。

index.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
      <script src="p5.min.js"></script>
      <script src="script.js"></script>
      <title>Sample Site</title>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>


script.js

function setup() {
  createCanvas(windowWidth, windowHeight);
  colorMode(RGB);
  noStroke();
  ellipseMode(CORNER);
  frameRate(3);
}

function draw() {
  var step = 32;
  for( var y=0; y<height; y+=step ){
    for( var x=0; x<width; x+=step ){
      randomColor();
      ellipse(x,y,step,step);
    }
  }
}

function randomColor(){
  r = random(256);
  g = random(256);
  b = random(256);
  fill(r,g,b);
}




動画のフィルタリング → DEMO

動画を表示するだけであれば、HTML5のvideoタグでも実現できますが、p5.jsを使うと、フィルタ処理などが簡単にできるようになります。この事例では、カラーの動画をリアルタイムでモノクロ化しています。

このサンプルでは、描画エリア(CANVAS要素)を div id="container"に割り当てるとともに、ページ上でのレイアウトを CSS で制御しています。

index.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
    <head>
        <meta charset="UTF-8">
        <script src="p5/p5.min.js"></script>
        <script src="p5/addons/p5.dom.min.js"></script>
        <script src="p5/addons/p5.sound.min.js"></script>
        <script src="script.js"></script>
       <link rel="stylesheet" href="style.css" >
        <title>Sample Site</title>
    </head>
    <body>
        <div id="container"></div>
    </body>
</html>


style.css

#container {
  width:640px;
  margin:200px auto;
}


script.js

//外部変数
var video;
// 初期設定
function setup() {
    // CANVASオブジェクトを取得
    var cv = createCanvas(640, 400);
    // CANVASの親要素として container を指定
    cv.parent("container");
    video=createVideo("sample.webm");
    video.hide();
    video.play();
    video.loop();
}
// アニメーションループ
function draw() {
    image(video,0,0,width,height);  // videoをキャバスに転送
    filter(GRAY);
}


必要なライブラリ

このサンプルでは、以下のものが必要になります。Completeパッケージに含まれていますので、ダウンロードして投入して下さい。

Webカメラ映像のキャプチャー

以下、script.js における画像処理の部分の概説です。

  capture.loadPixels();   //瞬間の画像を画素配列に取得
  for (var y=0; y<height; y+=8) {
    for (var x=0; x<width; x+=8) {
      var i = y * width + x;
      var b = capture.pixels[i*4+2];
      var radius = 8*scale * (255 - b)/255;
      ellipse(x*scale, y*scale, radius, radius);
   }
 }
}

1画素4バイトで、4つのデータが別々に配列に格納されるので、例えば、i 番目の画素のRGBα情報は以下の場所でアクセス可能です。

Webカメラ映像を録画・保存




音声のキャプチャー




音声を録画・保存






PAGES

GUIDE

TOOL

DATA

Last-modified: 2021-06-05 (土) 16:24:20