LogoMark.png

JavaScript/Framework

JavaScript framework


はじめに

フレームワークとは、汎用的に必要なものをまとめた「枠組み」で、全体の処理の流れが実装されたものの中に、一部を利用者が実装・埋め込みできるようになっているシステムのことです。ライブラリと似ていますが、ライブラリは「汎用性の高い便利なプログラムのまとまり」で、ライブラリが単にコードの再利用を目的としているのに対して、フレームワークはアプリケーションの設計構造の再利用を目的としていると言えます。一般に、フレームワーク>ライブラリという包含関係にあります。家に例えると、建築構造がフレームワークで、中に置かれた各種家電製品がライブラリーというイメージです。
 フロントエンドのフレームワークには、Angular、Ember、Vue.js などがありますが、2017年以降、Vue.js が急速に注目を集めています。


Web開発においてフレームワークが使われる理由


Webアプリケーションフレームワークにおける MVC

Webアプリケーションフレームワークにおける MVVM

Vue.js

記事を独立させました> Vue.js


AngularJS

従来のWebアプリケーションは、バックエンド(サーバーサイド)で View(HTML/DOM)を生成していたのに対し、最近では、バックエンドはDBの操作のみ行い、クライアント-サーバ間を Ajax で JSONの交換を行い、画面はフロントエンド(クライアントサイド)で生成する・・というタイプのものが増えてきました。AngularJSは、クライアントサイドの JavaScript Controllerによって Model を管理し、リアルタイムで View とデータ交換するフレームワークです。

以下、非常にシンプルなコードで事例を紹介します。
そのまま、index.html として保存してお試しください。

フレームワークを利用する前に

便利なものにはリスクがあります。以下の点にご留意ください。


PAGES

GUIDE

DATA

Last-modified: 2019-08-20 (火) 14:50:36