LogoMark.png

Story の変更点


#author("2020-06-27T23:16:29+09:00;2020-06-27T23:05:58+09:00","default:inoue.ko","inoue.ko")
#author("2020-07-15T12:12:57+09:00;2020-06-27T23:16:29+09:00","default:inoue.ko","inoue.ko")
*物語
~

人はなぜ、物語をつくるのか。映画、アニメ、漫画、絵本…多くのビジュアルコンテンツは「物語」の存在を基礎として成立しています。ここでは、それを空間や時間、登場人物、そしてその構造といった観点から考察してみます。

 物語とは「秩序の組み換えのプロセス」を言葉で綴ったもの
 物語の起源は、人類の定住(あるいは農耕)、タブーの起源とともにある
 物語とは人類に共通の病である(物語をつくらずにはいられない)
~

**物語の基本構造

***視聴者・読者を魅きつける契機
-欠如をつくる:何かが「足りない」状況が物語を起動する。
--参考:[[ぼくを探しに>Google: ぼくを探しに]]

-疑問を提示する:闇、死体、異質なもの、矢印、視線・・・
サスペンスとは、もともと Suspended(緊張状態)を意味する言葉です。 

-タブー(禁忌)を設定する:見てはいけない、入ってはいけない・・
--参考:[[見るなの座敷>Google:見るなの座敷]] 
--参考:[[異類婚姻譚>Google:異類婚姻譚]] / [[関敬吾「日本昔話集成」>Google: 関敬吾 日本昔話集成]]
~

***空間の設定
-光と闇、秩序と混沌、大通りと路地裏・・
以下の2つのイメージを比較してみましょう
[[路地>GoogleImage:路地]  / [[造成地>GoogleImage:造成地]]
[[路地>GoogleImage:路地]]  / [[造成地>GoogleImage:造成地]]
整地された闇のない空間からは、物語は生まれそうにありません。物語が生まれるためには、空間の設定に「コントラスト」が必要です。
//余談ですが・・[[Google:神社の数 コンビニの数]]

-''中心と周縁''という観点から
 我々は通常、我々を取り巻く世界を、
 友好的なものと敵対的なものに分割する思考に馴れている。
 山口昌男(文化人類学・民俗学)
物語は、市中に住む「常民」と、その外部に住む「異人」との交流がテーマになることが多くあります。特に日本の昔話には「村人」と「異人」という構図で説明できるものが多くあること、例を挙げるまでもないでしょう。
--参考:[[まんが日本昔ばなしデータベース>http://nihon.syoukoukai.com/modules/stories/]]
--参考:[[Google:まれびと 異人]]

-記号論的な観点から
町と森、町と村、庭と裏庭、上の階と下の階・・・。「場所」は差異化され、関係づけられることで「意味」を担うようになります。

-妖怪の出る場所
妖怪は、空間的な境界領域(辻、河原、橋の下・・)に出現します。
--参考:妖怪と幽霊の違い > 場所に出る妖怪 / 人に憑く幽霊
[[柳田国男「妖怪談義」>Google:柳田国男 妖怪談義]]
&size(12){[[GoogleImage:妖怪]]}; &size(12){[[GoogleImage:幽霊]] ←少し怖いので覚悟して…};
~

***時間の設定
-過去と現在、未来と現在をつなぐ

-妖怪の出る時間
妖怪は、時間的な境界領域(誰そ彼(たそがれ)、[[逢魔が時>GoogleImage:逢魔が時]])に出現します。
~

***登場人物の設定
-主役とは
登場シーンの多さや、セリフの多さは、実はあまり関係がありません。誰の視点で描かれているか、映像で言えば、誰の「視線」でショット間が編集されているかで、主人公が決まります。

-主たる登場人物の人数
一般に同時に記憶できるカテゴリ数  7±2 マジカルナンバー7(G.A.Millar)

-トリックスター
物語には、トランプゲームにおけるジョーカーのように、敵か味方かわからない境界領域的なキャラクターが登場するものです。文化人類学では、そうした存在をトリックスター(いたずらもの)と言います。
~

***神話・昔話に共通した物語の構造は・・
-混沌としたスープ状の世界の中で、区分けが起こる。
-区分けられた中のひとつが物語の「中心」になる
-空間的な周縁と中心との交流が描かれる
-時間的は周縁(過去・未来)と中心(現在)とのつながりが描かれる
-時間的な周縁(過去・未来)と中心(現在)とのつながりが描かれる
~

***物語における「境界領域」について
-魑魅魍魎の住む世界
-位置づけがあいまいないもの(排泄物)、節のないもの(ミミズ、蛇、髪)
-あちらのゴミはこちらの宝・・という発想
~

***贈与と返礼について
-贈与と返礼は多くの物語に共通に見い出されます。
 人間の作り出す社会システムはすべて、
 同一状態にとどまらないように構造化されている。
 クロード・レヴィ=ストロース

-社会が存在しつづけるには、絶えず変化することが必要です。以下のいずれも、構造的な「変化」をするような社会構造を持っています。
--熱い社会:絶えず新しい状態へと歴史的に変化する社会(文明社会)
--冷たい社会:歴史的変化を排除し、新石器時代と変わらぬ無時間的な構造を維持している社会(野生の思考が領する社会)
~

***秩序の組み換えについて
 秩序は守られるために絶え間なく壊されなければならない 
 ルドルフ・シェーンハイマー(生化学)
~

***第三項排除
排除された第三項が、闇から全体をコントロールする・・という構図は多くの物語で見られます。
 闇の日本史 / いじめ / 鬼ごっこ / 野球 / 貨幣 / トランプのジョーカー 
今村仁司「排除の構造」(現代思想・哲学)
~

***物語は進化する|進「物」史観
 まず最初に短い単純なお話がある。
 こういうのを少しずつ変異させたり、組み替えたりして、
 長い面白い物語が生まれてくるんだ。
 原始的な生物が単に突然変異と遺伝子組み換えだけで
 複雑な生物に進化したのと同じだろ?
金子邦彦, 1998, カオスの紡ぐ夢の中で, 小学館文庫, p.118
~
~

**物語のパターン

***物語の構造・分類に関する諸説
-[[ジョゼフ・キャンベル>Google:ジョゼフ・キャンベル]]の神話論
物語の主人公は、天命を受けて非日常の世界への旅に出る。そして、イニシエーションを経て、元の世界に帰還する。これが神話に共通の構造である。
文献:[[ジョゼフ・キャンベル 「千の顔をもつ英雄」>Google:ジョセフ・キャンベル 千の顔をもつ英雄]]
--Calling(天命を授かる)
--Commitment(旅の始まり)
--Threshold(境界線)
--Guardians(メンター、導師、守護者)
--Demon(悪魔)
--Transformation(変容)
--Complete the task(問題の解決)
--Return home(故郷への帰還)

-[[ウイリアム・シェイクスピア>Google:ウイリアム・シェイクスピア]]による「36分類」

-[[ウラジミール・プロップ>Wikipedia:ウラジーミル・プロップ]]による「昔話の構造31の機能分類」
例)「行って帰る物語」 欠如 > 異界 > 変化 ・・「昔話の形態学」

~

***映画のストーリーパターン
-映画のストーリーには、以下のような様々な定番の型があります。
--''バディもの(相棒もの)''
&scale(75){ホームズとワトソンの関係。前者が天才・変わり者、 後者が常識人。関係構造は漫才コンビと同様};
--タイムスリップもの
--サスペンスもの
--成長もの
--ロードムービーもの
--ファンタジーもの

-映画の脚本に関する書籍には、様々なパターンが紹介されています。
--&small(ブレイク・スナイダー, 10のストーリー・タイプから学ぶ脚本術, 2014, フィルムアート社);
--&small(クリストファー・ボグラー, 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術, 2013, アスキー・メディアワークス);
--&small(ブレイク・スナイダー, SAVE THE CATの法則 本当に売れる脚本術, 2010, フィルムアート社);
--&small(貴志 祐介エンタテインメントの作り方, 2015, 角川学芸出版);
~
~