LogoMark.png

Characters

文字

Characters

文字は、人類最古の「遠隔・非同期」コミュニケーションツールです。

数万年前言葉の発生情報の交換・リアルタイムコミュニケーション
BC4千年紀文字の発明情報の蓄積・非同期コミュニケーション
105年紙の発明情報のモバイル化
1440年頃活版印刷情報の拡散
1945年コンピュータ情報処理の自動化
1989年WWW情報共有のグローバル化


文字の歴史

そもそも「文字の誕生」を境に「先史時代」と「歴史時代」が分かれるので、歴史は文字とともにある・・ということになります。

文字は農耕革命と同時期に誕生しています。世界の4大文明で言えば、メソポタミア文明は楔形文字、エジプト文明はヒエログリフ、インダス文明はインダス文字、黄河文明は漢字。広大な土地・蓄積された富の記録や分配に記号が必要になったこと、また、肥大化した人間集団の支配・統制のためにルールの明文化が必要になったことなどが文字成立の要因と考えられます。くさび形文字の原型は、シュメール人の日用品や農産物の数を表すトークン(粘土玉)を粘土板に押し付けて記録したことにはじまると考えられています。
対面コミュニケーションによる意思疎通が可能な小さな集団であるとともに、食料をその場でシェアする狩猟採集社会では文字は不要。その証拠にアボリジニは文字は持ちません。

文字体系

文字には音が連動するものと、そうでないものがあります。

文字の存在意義

文字という情報伝達媒体の特殊性

日本の文字文化の特殊性

APPENDIX

文字が抱える光と闇

音声言語による対面コミュニケーション*2のみの社会から、「文字(「音節」に続く第二の言語的進化)」を用いる社会へ・・その革命的な出来事は、人類の社会に光と闇の両方をもたらしました。

MEMO

PAGES

GUIDE

TOOL

DATA


*1 現在は文字コードとして UTF-8 を使うため、実質的には一文字3バイトです。
*2 対面コミュニケーションでは、ミラーニューロンの活動により、他の個体の行動が"鏡"のように自身の脳内に反映します。対面コミュニケーションは、人同士の共感(エンパシー)に強く関わっています。
*3 人類学者ロビン・ダンバーによる「互いに親密な関係を築ける集団構成員の上限=150人」を「ダンバー数」という。これは人間のみならず他の動物も。
*4 文明社会が起こす戦争は「国家」に代表される組織同士の争いで、兵士はそれ自身の憎悪の感情ではなく組織の指示に基づいて殺戮を行う。
*5 その意味では、成立がはっきりしない「かな」は特殊な存在であると言えます。
Last-modified: 2021-06-29 (火) 18:17:27