LogoMark.png

GoogleDrive

GoogleDrive


GoogleDriveとは、Googleが提供するオンラインストレージサービスで、ファイルの保存・管理のみならず、GoogleDocsアプリケーションを活用した共同編集などが可能になります。
 必要なものは、Googleのアカウントのみ。Chrome 等の Webブラウザから利用することができます。 Google にログインして、以下にアクセスして下さい

https://drive.google.com/
注)はじめて利用する場合は、説明が表示されるので、読み進めて下さい。



1. 概要と基本操作

1.1. マイドライブ

1.2. マイドライブにファイルをアップロードする

1.3. マイドライブからファイルをダウンロードする


1.4. マイドライブにフォルダをつくって整理する




2. Google Docs

GoogleDocs は GoogleDrive を主たるストレージ(保存場所)とするオフィス系のアプリケーションです。Googleアカウントでログインすることで、ブラウザから利用することができます。
 作成したデータは、GoogleDrive 上に保存されるだけでなく、自分の手元に様々な形式でダウンロードすることもできます。
https://www.google.com/docs/about/

2.1. Googleドキュメント

https://docs.google.com/document/

2.2. Googleスプレッドシート

https://docs.google.com/spreadsheets/

2.3. Googleスライド

https://docs.google.com/presentation/

2.4. Googleフォーム

https://docs.google.com/forms?usp=mkt_forms

ファイルの互換性について

作成されたファイルは、Google Docsの 画面では拡張子がついていませんが、実際には、以下のような拡張子がついています。

Microsoft Office 他のファイル形式にも対応しているので、これらをアップしてから Google形式に変換して編集、また逆に、これらの形式でダウンロードすることも可能です。




3. ファイルの共同編集

GoogleDocs で作成したファイルは、そのリンク先を知っている複数の参加者によって共同編集することができます。

3.1. ファイルの共有設定

作業はいたって簡単です。以下の手順です。

fig1.png
1. ファイルを右クリック > 共有
2. リンクを取得 をクリック
3. 制限付き> リンクを知っている全員

これでリンクを通知することで、他者との共有が可能になります。
ただし、ここまでだと、共有は「閲覧のみ」です。

3.2. 共同編集を可能にする。

共同編集を可能にするには、もう一手間。

fig2.png
4.「閲覧者」を「編集者」に変更


3.3. 関係先への案内

上記のダイアログ上で、以下の手順です。

1. リンクをコピー
2. このリンクアドレスを、メールやWebサイトに貼ればOKです。


付記1

ファイルには、共同編集に向いているものと、そうでないものがあります。
以下、ご確認下さい。

付記2

Googleドライブ上で文書や表の共同編集を行うには、それが、GoogleドキュメントGoogleスプレッドシートになっている必要があります。
 WORD や EXCEL のファイルをアップしたままでは、編集ができません。一旦、GoogleDocs アプリで開いた後、ファイルメニューから Google の形式で保存し直すことで、共同編集が可能になります。




4. その他

Google Jamboard

簡単シンプルホワイトボード。みんなで書き込みできます。

draw io

サイトマップ、フローチャートなどの描画に使える高機能なツールです。
Googleドライブでは、連携する様々なアプリケーションを追加して利用することができます。draw io は以下の手順で進んでアプリを追加するだけです。

ドライブで +新規 >その他 > アプリを追加

Pixlr Editor:https://pixlr.com/editor/

画像処理(Webアプリ)、Photoshopの代用として使えます。

PAGES

GUIDE

DATA

添付ファイル: filefig1.png 271件 [詳細] filefig2.png 290件 [詳細]
Last-modified: 2020-09-15 (火) 08:36:43