LogoMark.png

GoogleColaboratory

Google Colaboratory

すぐに使える Python の開発環境

Google Colaboratory とは、Googleの仮想マシン上で動くIPythonの実行環境で、Jupyter Notebook を利用します。Googleアカウントがあれば、ブラウザから誰でも無料で利用できます。特にAIを含むデータサイエンス系の開発では、クラウド上のGPU環境が使える点で、ローカル環境よりも優れています。登場以来、非常に注目を集めている存在です。
https://colab.research.google.com

また、Jupyter Notebook は、ブラウザ上で Python のコードの編集とインタラクティブな実行ができるだけでなく、テキストドキュメントを挿入したノートとして情報共有する仕組みを実現したオープンソースのWebアプリケーションです。数値シミュレーション、統計モデリング、データの視覚化、機械学習などを得意とする、総合的なデータサイエンスツールです。

参考:Python iPython についてはこちら



CONTENTS




Introduction




利用方法

Colaboratoryにアクセス

login.jpg

作業プロセス


留意事項

Googleアカウントがあれば、誰でも無料で利用できますが・・

活用事例

初歩的な対話処理

rename.jpg
save.jpg

Pythonライブラリの活用

Google Colaboratory では Jupyter Notebook で利用できるライブラリーが「すべてインストール済み」という前提なので、ローカル環境での作業のように、必要なライブラリのインストールを行う必要はなく、コードセルに import 文を書くだけで使うことができます。

コマンド操作

Coraboratory における Shell コマンド

shell とはファイル操作やプログラムを実行させるコマンドを入力するシステムです。デフォルトで用意されていないライブラリー等を利用する場合は、shellコマンドを使ってインストールすることができます。

shell コマンドを実行したい場合は、コードセルの中で以下のようにコマンドの頭に [ ! ] を付けて記載します。Linux のコマンドも使えます。


Coraboratory におけるマジックコマンド

マジックコマンドは iPython の独自機能で、コマンドの頭に [ % ] を付けて記載します。以下のようにディレクトリの操作をする場合などに用いられます。

▶ %mkdir test
sample_data
▶ %mkdir test
  %ls
sample_data/  test/





データファイルの利用

データのアップロード・ダウンロード

google.colab ライブラリの利用で、ファイルのアップダウンが可能です。


GoogleDrive のマウントについて

google.colab ライブラリの利用で Google Drive と連携できます。

その他の機能

ノートブックのアップ・ダウン

以下、Google Colab とローカルでファイルの行き来が可能です。

ファイル >ノートブックをアップロード
ファイル >.ipynb をダウンロード


Notebook の公開について

GitHub のアカウントに連動して GitHubでノートブックの公開が可能です。

ファイル > GitHub にコピーを保存




APPENDIX

関連ページ

PAGES

GUIDE

TOOL

DATA

添付ファイル: filesample02.jpg 142件 [詳細] filesample01.jpg 147件 [詳細] fileupload.jpg 145件 [詳細] filemount.jpg 126件 [詳細] filecommand.jpg 150件 [詳細] filesave.jpg 144件 [詳細] fileresult.jpg 115件 [詳細] filerename.jpg 138件 [詳細] filelogin.jpg 158件 [詳細] filecode_cell.jpg 89件 [詳細]
Last-modified: 2021-08-26 (木) 12:20:41