LogoMark.png

林耕平/8H013 の変更点


#author("2021-05-24T14:23:53+09:00","default:member","member")
#author("2021-05-24T14:47:14+09:00","default:member","member")
*ウォーターバレット
[[林耕平/8Hands]]|[[情報デザイン演習IIA>林耕平/情報デザイン演習IIA]]
~

**基礎データ
#image(ウォーターバレット.png,center,50%)
[ウォーターバレット]
コスト:3
効果:
・[追加コスト]自分の手札を1枚捨てる。​
・相手の手札を1枚見て選び、山札に戻してシャッフルする。
~
~

**詳細解説
ver.1.02の時にできたカードです。
捨てさせる以外の手札破壊をすることができる「ピーピングハンデス」のカードです。
[[「神秘の壺」>林耕平/8H010]]の効果を発動させずに手札破壊をすることができるカードです。
選んだカードを自分で引くことで使える可能性を作ったり、他のカードの効果で山札の下に置いたカードを引く可能性を作るために、山札をシャッフルする効果にしています。
しかし、そうしたために序盤でこのカードを使うと80枚からちょっとしか減ってない山札をシャッフルする必要があるため、かなり大変な作業になります。
~
~

**元ネタ解説
// 著作権上の問題があります。
// #image(dm15-024.jpg,center,50%)
元ネタは「デュエルマスターズ」の「パクリオ」です。
[[「スナイプショット」>林耕平/8H012]]を作ってる段階でこのカードの存在を思い出し、こういったタイプのカードを作ろうと考えてました。
しかし、このゲームにシールドという概念がないため、どこに送ろうか考えた結果、山札になりました。
捨てさせる効果よりも山札に戻す効果の方がどのカードゲームでも強いとされているので、[[「スナイプショット」>林耕平/8H012]]よりコストを重くするために、追加コストとして手札を1枚捨てるようにしています。
それで[[「神秘の壺」>林耕平/8H010]]を捨てた場合は、プレイヤーが上手かったということで許すことにしました。
~
-[[パクリオ>https://dm.takaratomy.co.jp/card/detail/?id=dmx22b-095]]
~