LogoMark.png

Blender/Rendering_Cameras

Cameras

Blender 3.0

レンダリングは通常「カメラの視点 [0]」で行われます。カメラのポジション、アングル、画角などが最終的なビジュアルを形成する点で、カメラのセットアップは重要な作業項目となります。



CameraWork

Camera Position

他のオブジェクトと同様に、カメラの位置を移動させます。Object Gizmos で動かすこともできますが、キーとマウスによる操作が効率的です。

水平移動:[G] + [X] / [Y] + [Mouse Move]
上下移動:[G] + [Z] + [Mouse Move]


Camera Angle

ローアングル、水平アングル、ハイアングル、ダッチアングルなどのカメラアングルの設定はカメラの回転によって決まります。

ティルト:[R] + [X] + [X] + [Mouse Move]・・ローカル X軸回転
パン:  [R] + [Z] + [Mouse Move]・・グローバル Z軸回転
ロール: [R] + [Z] + [Z] + [Mouse Move]・・ローカル Z軸回転


View Angle

画角はカメラの焦点距離の大小によって決まります。設定は、PropertyEditor の CameraProperty から行います。

その他の設定

ClipStart / END

レンダリングの対象となる奥行き方向の範囲を指定することができます。

被写界深度

Depth of Field の項目で被写界深度の設定が可能です。

ターゲットロック

オブジェクトとカメラに親子関係を設定することで、カメラの視線を当該オブジェクトに固定することができます。

カメラ > 対象 の順に追加選択して・・
Object > Track > Track to Constraint   ( [CTRL]+[T] )    


背景画像

Background Images を有効にすることで、カメラに追随する背景画像の設定が可能です。背景画像は、仮想空間の最遠距離に位置付け

PAGES

GUIDE

TOOL

DATA

Last-modified: 2022-02-17 (木) 11:35:37