LogoMark.png

加藤麻梨絵/卒業研究I

影の世界

影をメインとした切り絵の映像作品
Keywords:切り絵 /星座/

main.jpg


プロジェクトの概要


背景・目的




切り絵という表現は、一枚の紙から、絵では表現できない繊細な彫り込みの技法であり、立体と平面の丁度中間に位置する表現方法によりできる影が、より切り絵を引き立てる一番の魅力だと思っている

・しかし切り絵の影を利用した作品は少ない
∟本来切り絵は、切り出した繊細な線や 2 色の白と黒の絶妙な色のバランス、切り絵の透き通る光などを楽しむ為に作られている


そこで切り絵の影を活用し、切り絵の魅力を引き出していきたい



調査




▽切り絵の表現方法について

・種類は多々あり、切り絵に何を求めているかで切り絵自体の表現方法が変化する
・貼り絵やちぎり絵といったものが混合されたり、従来の切り絵の作法に捕らわれない新しいスタイルの切り絵も生まれている


▽光を活用した切り絵はどのように表現されているか

光を活用した切り絵の技法は、切り絵の最大の魅力である刃で切り出されたラインを顕著に映し出し、また写す角度や写す所によっては立体的表現が可能な技法


▶︎光の切り絵

▽切り絵のレイヤー構造による奥行きの表現について
一枚一枚に少しずつ変化が加えられた切り絵を何層も重ね出来た影により、奥行きが表現され、切り絵にさらなる魅力を引き出してい

reiya.jpg

▶︎Hari & Deepti


試作




▽既存の切り絵に光あて、どのように壁に写るのか
プロジェクターが映像と光どちらも投影できる事から、プロジェクターを使用し切り絵に映像を投影しどのように光が反映されるかを確かめた

・投影した映像は切り絵の影と重なり、綺麗に映し出されていたが映像の情報量によっては切り絵自体の影が認識しづらくなった





▽切り絵のレイヤー構造による奥行き表現を、影と光をうまく使い表現できないか

1セット3種類ずつの絵を2種類用意し、投影 (※2)
レイヤー構造にし、奥行き感を表現していく(※3)
切り絵を置く位置や複数台のプロジェクターを使用することで奥行き感に近い表現ができることが分かった(※1)



また切り絵を投影する際、カッティングプロッターなどの機械でカットされた正確な細い線が、投影した際より綺麗に影に写るのではないかと考えた
・壁に正確な細いカットの影が綺麗に映った(※1)
・しかし、部品が細かすぎると影が薄くなり写りにくくなった



hikaku.jpg

(※1レイヤー構造にした切り絵)

znb.jpg

(上※2縦に並べた時の構造 下※3簡易的レイヤー構造の切り絵)


コンセプト




コンセプトは影を生かした作品制作
今回切り絵を使い、奥行き感のある影の表現をしていきたいと思っている
そこでレイヤー表現を上手く活用しプロジェクターを複数台使用し、光と影を生かした作品制作を行っていきたいと考えている



・切り絵のモチーフ

concept.jpg

プロジェクターを使用した暗い中での表現となるため、暗い中で連想しやすい星の12星座を切り絵のモチーフに決め、12種類作っていく
また、試作の結果から一つ一つの部品も細かすぎないものにし影が認識しやすい形にしていく




・切り絵で使用する映像

映像では星座のイメージに合う空や宇宙といった星に関連したものを使用していきたいと思う


制作物



・映像作品


プロジェクトで使用するツール



・Clipstudio
・Adobe Capture
・Illustrator
・シルエットカメオ
・レーザーカッター




進捗・記録




2020.7.5

中間反省
・そもそも映像の試作が考えられてなかった←映像を記録と考えていたので改めて考える必要あり
頂いたアイデア
・部屋全体をプロジェクターを使って光を当てていったらどうか
・レイヤーのように一枚の絵を何層かに分け、そこにプロジェクターをあて様々な動きを表現してはどうか

2020.7.3

ita.jpg

こんな感じで光をあてていきたい

2020.7.2

シルエットカメオによる試作
紙:A4普通紙

kameo1.jpg
kameo2.jpg

これをふまえて
簡易的図形に関しては問題なく切れたが、イラストのデータでは細かい部分が多く知識不足のため簡易的形のものを試作し、どのくらいの太さまで可能か試していく

kameo3.jpg

試しに作ってみたイラストの切り絵を光に当てたところ、機械の精密なカットが分かり好感触


sisaku5.jpg
sisaku6.jpg

イラスト試作③


2020.6.25

hutagoto.jpg

イラスト試作②

2020.6.19


otome1.jpg
bekuta.jpg

◀︎普通の線画とベクターレイヤー▶︎

▽カッティングマシン等を使用する場合ベクターレイヤー化が必要なため
Adobe Captureを使用


2020.6.10

sisaku3.jpg

イラスト試作①

2020.6.3

・プロジェクターで光をかざせないか
・星座ならそれにちなんだ光の当て方ができないか
 月の光での撮影と水での撮影を試したが現状撮影がうまくいかず今の所ライトでのみの撮影

otome.jpg

タロットカード風×12星座
・星座占いとして星座に関連しているためうまく合わせたい
・12星座にはそれぞれ花言葉がありそれも活用していきたい
12星座の花

seiza.jpg

星の形のみも切り絵として適している


2020.5.27

sisaku2.jpg

・レザーカッターでどのように仕上がるかも試していきたい
・自分で切るものとレザーカッター等機械を使用するもの分けたほうがいいのか


2020.5.22

・どういう映像にしていきたいか
∟動きが加わるため、切り絵に対し水・火等を使えるかも
・レーザーカッターを使用すると紙以外の素材も使用できる
∟プラスチック等
・まずは様々な切り絵を作成し光をあてていく


2020.5.21

【ミュシャの手法が切り絵に適しているか】

hikaku.png

※ぼやけた部分が多くあり実際に切り絵にするのは困難だったため一旦、
Illustratorで線をなぞり切り絵に適しているか検証

・ミュシャの手法は線がしっかりしており面となってる部分が多く、また重なり合った部分も多いため切り絵に適していると思う

▼自分のイメージでは切り絵の影に様々な色が入りステンドグラスのような形にしたいと思っている


2020.5.15

まずは試作をしてみる。
まずは気になった手法で切り絵を作ってみる
同時並行で自分なりにイラスト案を考えてみる

大学にある細かく切れるカッターを使用しさらに細部にこだわった作品にするのもあり
スケジュールを作っていく
やらなきゃいけないことを書き出していく


2020.5.14

kirie ilasuto.jpg

人がいる場合の3種類と植物のみ


2020.5.8

切り絵のみではなくイラストをつかう
L切り絵とイラストを融合させなにかできないか
スレンドグラス風のイラスト
ミュシャの手法だと切り絵として線の強弱がつきやすいかも
また個人的に好きなため

出口を仮に決めていく


2020.5.6

切り絵を使った様々なアプローチ
・貼り絵
・ちぎり絵
・様々な伝統的切り絵
・木はり絵

切り絵と何かを使ったプロジェクト
ファッションと切り絵 参考
切り絵と光(ランプ)
ステンドグラスと切り絵
切り絵とアクセサリー
切り絵と文字

・光と切り絵を使って何かできないか、切り絵の影を使って作品を作れないか

kirie1sisaku.jpg

[切り絵 花模様の立体切り絵 濱直史]の作れる掲載作品から


2020.5.1

今日の授業を踏まえて
作り方の紹介
そもそも手で切る必要性はあるのか?
※経験を生かしたことを伝えていく
作り方のプロセス
様々な切り絵があるのでそれを年代を決めて伝えていく
視野を広げていくことが大事

全く切り絵をやらない人に向けての切り絵紹介?


2020.4.30

コロナの影響でこれまでと環境が一変したため部屋にいながらでも季節を感じられるものを作ってみたい
自分が出来る範囲で

立体切り絵 参考


PAGES

GUIDE

添付ファイル: filereiya.jpg 23件 [詳細] fileconcept.jpg 23件 [詳細] fileznb.jpg 23件 [詳細] filehikaku.jpg 21件 [詳細] fileita.jpg 41件 [詳細] filemain.jpg 46件 [詳細] filesisaku6.jpg 41件 [詳細] filesisaku5.jpg 36件 [詳細] filekameo3.jpg 40件 [詳細] filekameo2.jpg 40件 [詳細] filekameo1.jpg 40件 [詳細] filehutagoto.jpg 45件 [詳細] filebekuta.jpg 49件 [詳細] fileotome1.jpg 49件 [詳細] filesisaku3.jpg 49件 [詳細] fileseiza.jpg 44件 [詳細] fileotome.jpg 47件 [詳細] filesisaku2.jpg 48件 [詳細] filehikaku.png 46件 [詳細] filekirie ilasuto.jpg 55件 [詳細] filekirie1sisaku.jpg 54件 [詳細]
Last-modified: 2020-09-26 (土) 17:33:47